ハイドロキノンの効果と注意点 知っておきたい副作用とは

市販薬としても販売され、女性の美白を助けてくれる効果のあるハイドロキノン。

大変便利な薬品ですが効果の程や使用上の注意など知っておくべきことは少なくありません。

この機会に是非、ポイントを押さえておいてください。

要チェック項目


□ハイドロキノンは非常に美白効果の高い薬品
□肌に合う、合わないがあり注意が必要
□高容量や長期間の使用は医師の管理を受けましょう

そもそもハイドロキノンとは
ハイドロキノンはシミや日焼け跡、肝斑などに用いられる美白効果の高い医薬品であり、チューブに入ったクリーム状のものが広く流通しています。

シミを形成するメラニン色素の産生数を抑え、またメラニン色素を産生する細胞自体も減少させるなど肌を白くする作用に長けており、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

その美白効果はビタミンCなどの10倍以上と言われ、アメリカなどでは古くから美白に用いられてきましたが、強い成分であることから日本で化粧品としての認可が下りたのは2001年になってからでした。

以降、1~4%以下の低濃度のハイドロキノンが化粧品などに含まれるようになりましたが、より効果の期待できる高濃度ハイドロキノンは医師による処方が必要となっています。

ハイドロキノンの使用上の注意点
市販薬または化粧品の含有成分として広く流通するハイドロキノンですが、使用に際していくつか注意すべきポイントがあります。この機会に是非、覚えておいてください。


紫外線対策


ハイドロキノンを使用する際に最も注意が必要なのが外出です。ハイドロキノンを塗った上から紫外線が当たってしまうと、かえってシミが濃くなってしまうことが報告されています。

紫外線防御指数、SPFが20以上の日焼け止めを用いるなど、対策を怠らないようにしてください。

保管に注意


ハイドロキノンは酸化による変性が発生しやすいことで知られています。変性したハイドロキノンは肌に悪影響を及ぼす恐れがありますので、開封後は冷暗所に保存し、また1カ月以内には使い切るようにしてください。

多くの商品が1カ月以内に使い切れる内容量になっていますが、もし余ってしまっても同一品を使い続けないよう注意しましょう。

ハイドロキノンの副作用1:炎症
強い成分であるハイドロキノンは肌に合わないという人も少なくありません。もし体質的に合わない人が使用すると赤みやかぶれといった炎症が出る場合があり、注意が必要です。

本格的に使用する前に一度、肌の適合テスト、パッチテストを行ってみることをお勧めします。目立たない箇所に試験的に塗ってみて、48時間以内に炎症が起きなければ基本的には問題ありません。

ただし、併用する化粧品などによっては後から炎症が起こる場合もあるため、数日は気に掛けておくことを忘れないようにしましょう。

ハイドロキノンの副作用2:白斑の可能性
ハイドロキノンは白斑という、メラニン色素を生み出す細胞が異常に減少した状態を引き起こす可能性があると言われています。

しかし、これはハイドロキノンベンジルエーテルというハイドロキノンに類似した構造を持つ成分が白斑を引き起こして使用禁止となった過去があるためで、

ハイドロキノン自体によって白斑が生じたという報告は現在までに一つもありません。

そのため、警戒し過ぎる必要はありませんが、高容量の使用や長期間に及んで使用する際には用心することも大切です。

ハイドロキノンは『効果が出た』と実感できるまでに数週間、治療完了までは3カ月程度かかると言われています。仮にすぐに効果が出なくとも必要以上に肌に塗ることは避けてください。

また、3カ月で絶対に治るとは言えないため人によっては3カ月以上の継続が必要な場合もありますが、その場合は念のため医師の判断を仰ぐと共に、決して1年を越えて使用しないようにしましょう。

ハイドロキノンクリームの使い方
ハイドロキノンクリームやハイドロキノンを含有する化粧品を効果的に使用するためには適切な手順があります。実際に試してみようと考えた人は以下の手順を踏まえて使用するようにしてください。

1:洗顔。肌の汚れや残留物と予期せぬ反応を起こすことを防ぐために毛穴までしっかり洗浄しましょう。

2:20分放置。角質層は水分が多い程、薬剤を浸透させやすくなっています。ハイドロキノンが効き過ぎないように、20分は肌を放置しましょう。

3:シミのある個所などピンポイントで塗布。化粧品によくあるタイプと違い、ハイドロキノンを含む化粧品は顔「全体」など部位「全体」には「塗りません」。適量を綿棒に取って、白くしたい部分だけに塗布しましょう。

ハイドロキノンは優れた美白成分、でも注意点は忘れずに
「肌の漂白剤」とも言われるハイドロキノンは複合的な作用で美白効果を生み出す優秀な成分です。

体質的に合わない人が居るなどの問題はあるにせよ、適切に使用すれば効果的に美白を行うことができます。

今回学んだポイントを忘れず、上手な利用を心掛けましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
動脈硬化や血栓の予防・改善にもつながる「アンチエイジング」の方法
あえて一度に取りきらない場合も。ほくろ除去のあと再発するのはなぜ?
ニキビ跡やシミが気になる人必見!ニキビの基礎知識と改善方法

Doctors Me 12/01

このページのトップへ