焼き鳥店が「串外し」に物申す! ネットで賛否両論

ネット上で議論を巻き起こすネタの鉄板である「焼き鳥の串を外して食べるか否か」という話題。これについて11月25日、焼き鳥店の運営者自ら「焼鳥屋からの切なるお願い」として、「どうか外さないで食べて」とするブログを投稿し、改めて議論となっている。

“お願い”をブログで紹介したのは、東京・田町に本店を置く焼き鳥店「鳥一代」を運営するyamagetanさん。

「ここ数年。
大多数のお客様が、焼き鳥を串から外してシェアをして食べられています。

焼き鳥として…凄く悲しい」

という書き出しで始まるブログで、焼き鳥を作るにあたり、一口目が大事であることから「頭の部分を大きめ」に串に刺し、また「真ん中より上の部分を若干強めに」塩を振るなど、「たかが一本でも。その一本の中にドラマがある!」と熱弁。その焼き鳥がバラバラにされればわざわざ串に刺した意味がなくなり「切った肉をフライパンで炒めても同じ」、「悲しい。絶対に美味しくない」、「焼き鳥は、串から外さないでガブリついて食べて下さい!」と呼びかけた。

これについて、Twitterでは、

「大賛成ですね。
僕も外す食べ方すんごい嫌です。」
「なるほど。できるだけそのままガブっといこう」

とブログを支持する声があがる一方で、

「串に刺してあるのは焼く側の都合だろw 好きに食わせろや!」
「理想を言えば串のままだけど、取り分けたい時もある。故に好きにさせてもらう、悪いなw」
「食べ方なんてアズユーライクが正しい。醤油や塩ドバドバかけられたんなら気にするのわかるけど。こんな店選ばないね」
「まだ『串で食べた方がおいしい!』と思える焼き鳥を作ってないということ。作り手のエゴを消費者に押しつけてはいけない」

など、食べ方は自由だとする意見もあった。ネットでの大反響を受け、yamagetanさんは11月28日、改めてブログを更新。「串から外さないで」という呼びかけは、自身の“完全なエゴ”であることも承知でのお願いだったとし、

「焼き鳥屋としては、お客様には、一番美味しい食べ方で召し上がって欲しいんです。
串のまま食べても良し、串から半分だけ外して食べても良し、バラバラに外して食べても良し。
お好きな様に食べて頂きたい。

でも、その裏方で、一生懸命! 串から食べるお客様をイメージして、一本一本!串打ちしている人間が仕込みをしている事を。焼き鳥を召し上がる機会があった時に。頭の片隅にでも置いておいて頂ければ本当に嬉しい限りでございます!」

とつづった。

食べ方の好みは人それぞれだが、焼き鳥店のこだわりを知る良いきっかけになったのは間違いなさそうだ。
(花賀 太)

(R25編集部)

※当記事は2016年11月30日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
焼き鳥店が「串外し」に物申す! ネットで賛否両論の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「topic」に関する過去のイチオシ記事
NHK受信料値下げ案「月50円」に視聴者怒りの声
本当は酷い!会社の内情TOP10
30代男性「セカンド童貞率は5人に1人」
彼女にしたいAV女優1位は?
ポケットビスケッツ20周年アルバムに「ブラビは?」の声

R25 4日前

このページのトップへ