【ザ!世界仰天ニュース】精神崩壊!「統合失調症」になった家族…どう支えたらいい?

ある日突然、一緒に暮らす家族の言動がおかしくなったら…。テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、ストレスから統合失調症になった母と、母を支える家族の36年に渡る闘病生活について放送されました。身近な人が統合失調症になったら、あなたならどうしますか?


統合失調症の特徴的な症状

人間の脳は、感情や思考、行動を制御するためにさまざまな働きをしています。統合失調症とは、この感情や思考の制御がうまくいかなくなり、まとめあげる(統合する)ことができなくなった状態を指します。

統合失調症の特徴的な症状は大きくは「陽性症状」と「陰性症状」の2つに分かれ、「陽性症状」の場合は妄想、幻覚、自我障害が現れます。それに対し「陰性症状」の場合は、人との関わりを避けたり、思考や意欲の低下などが現れます。


100人に1人、患者数は80万人にも

統合失調症はおよそ100人に1人の割合で発症することが分かっています。厚生労働省の報告によると、推計される患者数はおよそ80万人に上るとも。
また、統合失調症は年齢、性別に関係なく発症する病気です。特に10代〜30代で発症する患者の割合が多く、女性の場合は40代で発症した事例も少なくありません。統合失調症は決して稀な病気だとは言えないのです。


統合失調症の経過とは

統合失調症の症状は、現れ方や経過に個人差がありますが、おおむねは、不眠や集中力の低下が見られる前兆期から始まり、幻覚や妄想などが現れる急性期へ移行していきます。初期段階で適切な治療がされるほど、症状が落ち着きやすく、治療もスムーズに進みます。

統合失調症は、周囲が患者の異常に早めに気が付いて受診を勧めたり、治療しやすい環境を整えるなど、いかにサポートを行えるかによって治療に大きな差が生まれます。


もし家族が統合失調症になったら

身近な人が統合失調症になったら、まずは病気について知識を深め、患者がどのような状況にあるかを理解することがたいへん重要です。そして、現れる症状に対し過剰に反応せずに「できるだけ普段通りの生活を送る」ことが家族と患者両方にとって最善の対策だと心得ましょう。

統合失調症の治療の過程は、一進一退を繰り返したり、回復したかと思えば一部の症状が残る場合があるなど、人それぞれで異なります。患者を批判することは避け、気持ちに余裕を持って家族全員でフォローしてあげることが大切です。

【関連記事】
-10歳も夢じゃない!シミや薄毛も予防できる「毛細血管」改善プロジェクト
【アッポー編】2016年流行語ノミネート!“PPAP”でキレイになれる!?
【映画】松ケン演じる天才棋士・村山聖が患っていた「ネフローゼ症候群」とは【聖の青春】
【元・1D】ゼイン・マリクが戦っている「不安障害(不安神経症)」ってどんな病気?
体重3桁越えした渡辺直美さん、「これからりんごダイエットしたい」!りんごダイエットは効果アリorナシ?

  1. ジュリアン(40歳) ID:J3Adm・12/01

    夜中の2時頃にピンポン連打されて、対応すると上の階の息子さんで、プラズマあてるの止めて下さい!と言われました(・・;)。その後も昼夜数日置きにピンポンしてきて、警察呼んだりその親に言ったりしたけどどうにもならなくて、結局引っ越ししました。 きっと日本中のどこかでも夜中にピンポンされてる人いっぱいいるんだろうなぁ……。ターゲットにされたら受けるストレス半端じゃないから。ピンポン鳴ってないのに鳴ったような気がしてドキドキして、本当にきつかった! 100人に1人の割合いのわりに、法的に何も出来ないから困る。もし殺人しても精神病なら処罰無しなんでしょ??おかしい。

  2. カンナ(32歳) ID:1CLH6・12/01

    私も統合からの回復でした。 今となっては薬が合わなくて重症化してたと思う。セカンドオピニオンで統合否定されて薬止めたら治った。精神病は全て患者の訴えでしか判断出来ないから診断は本当に難しいと思う。

このページのトップへ