飲み会シーズン突入!後悔しないための「二日酔い」簡単防止テク

次の日に二日酔いになるのを避けるためには、まずは下準備対策を。飲み会前にこの対策をしてるかしていないかで、二日酔いの状態は大きく変わるそうなのです。


飲み会前、こっそりすべき「下準備」

1.空腹を満たしておく
お腹が空っぽの状態でお酒を飲んでしまうと胃に大きく刺激が伝わってしまいます。また、酔いが回りやすくなる原因にもなるので、前もっておにぎり一つでも食べておきましょう!
2.乳製品で胃をバリア
お酒を飲む30分前頃に牛乳や飲むヨーグルトを飲むと、その脂肪分で胃がコーティングされ、アルコールの吸収が阻害されます。酔い過ぎの予防や二日酔い対策にもなるのでぜひこっそりチャレンジを。


飲み会中・後には、たっぷりの「水分補給」を

飲み会の中で、または飲み会の後には、水やスポーツドリンクなどでたっぷりの水分補給をしましょう。アルコールの代謝には多くの水分が必要になる上、利尿作用によって脱水を引き起こす可能性もあります。お酒の合間に水を頼んで、こまめな水分補給を心掛けることが賢い女性の飲み方です。

もし二日酔いになってしまった場合でも、水分補給は大切なポイント。嘔吐や下痢などの症状で、脱水を併発しないよう水分はきちんと摂っておきましょう!


飲み会翌日、「二日酔い軽減」の食卓

飲み会の翌日、「二日酔いかも」と危うく感じたときに、おすすめの飲み物・食べ物があるんです。まずは「コーヒー」。コーヒーに含まれるカフェインには、二日酔いによる頭痛の症状を抑えてくれる効果が期待できるのだそう。ただし、利尿作用が強いため、スポーツドリンクなどと併用することをおすすめします。

そして、二日酔い対策として有名な「しじみの味噌汁」。肝臓でつくられる胆汁の分泌を増加させアセトアルデヒドをつくる役割をもっていて、身体にたっぷり溜まってしまったアルコールを体外に排出するのを助けてくれます。


次の日のこと、気にしないで楽しく飲みたい!

せっかくの楽しい飲み会の席、次の日のことばかり心配していてはもったいないですよね。できる対策をしておくことで、二日酔いは予防できます。飲み会前にコンビニに寄って、まずは下準備しましょう!

【関連記事】
まだまだアウトドアシーズンだから。秋でもするべき「白内障」予防について
便秘でおなかがゴロゴロつらい!善玉菌を味方につけて「腸美人」になる方法!!
寝れると思ったらもう朝に...。不眠になってしまう理由とその対策とは?
善玉菌の主役はビフィズス菌!その役割と特徴とは?
今日はトイレでツイスト運動しましょう。

このページのトップへ