鼻炎の症状とひどくなる時期...鼻炎で引き起こるデメリット

鼻炎がひどくなる時期や季節、および対応方法などの情報を織り交ぜながら、季節代わりに鼻水に悩んでいる方に対し、

鼻水の症状を明確にする重要性を加えた内容をまとめています。

要チェック項目


□鼻炎はその人の抗体が反応することで起こる
□自分の鼻炎が反応するものが多く出てくる季節が一番危険
□鼻炎は集中力やストレスに悪影響を与える

生活に支障がでる鼻炎とは?

アレルギー反応が原因の鼻炎


鼻炎は、家のホコリ(ハウスダスト)やダニ、花粉などが呼吸により鼻の中に入ったときにこれらに対する抗体が反応することで起こる拒絶反応です。

鼻炎には通年性と季節性の2種類が存在する


鼻炎には主にハウスダストなどに反応することで1年中、くしゃみや鼻水に悩まされる通年性と、季節的な花粉が原因で起こる季節性の2種類があり、

患っている鼻炎がどちらなのかを明確にすることで、時期に応じた適切な対応をすることが可能です。

鼻炎がひどくなる季節や時期

雨の日は服の部屋干しやカビの繁殖への注意が必要


雨の日はカビの繁殖がひどいことから、通年性の鼻炎を患っている人は雨の日に鼻炎の症状が悪化することがあります。

雨が続く時期に部屋干しをするときは適切なやり方で行いつつ、自分が過ごす部屋とは別の場所で行う、

連日続く雨に入る前に前もって布団を清潔にするといった対応を行うことで、通年性の鼻炎の症状を抑えることが可能です。

春と秋の季節の変わり目は花粉が原因で症状が悪化する


鼻炎と花粉症は似ているもので、季節性の鼻炎を患っている人は花粉が原因でくしゃみなどをすることから、春と秋の季節の代わり目に症状が悪化する傾向にあります。

鼻炎は空気中に含まれる外敵に対する拒絶反応であることから、マスクなどの着用をすることで症状を抑えることができます。

鼻炎が引き起こすデメリット

鼻炎は集中力の低下とストレスを引き起こす原因


鼻詰まりによるストレスや、たくさん鼻をかむことで頭に血が上ることから、ぼぉーっとしてしまい、集中力の低下やストレスを招くことにつながります。

鼻炎がもたらすストレスはとても強く、長時間のデスクワークでは仕事の効率が極端におち、生活に支障をきたす危険があります。

時期によっては鼻炎はこのような影響を与えるため、自分にとって適切な対応を心がけましょう。

鼻呼吸ができないことから起こる病気


鼻毛は空気中の細菌を体内に入れないためのフィルターの役割をしていますが、鼻が詰まることで鼻呼吸ができなくなることから、口での呼吸をすることになり、空気中の細菌が体内に入りやすくなります。

そのため様々な病気になりやすくなるというデメリットを引き起こします。

仕事やエチケット面でのトラブル


お仕事で1対1での大切な会話中や恋人とのデート時に突然鼻水がでる危険性があり、スーツで仕事をしているときにティッシュがないときや、

外出時に持ち歩いていないときに自分と相手に対し不快な思いをさせてしまうケースがあります。

ひどくなる鼻炎を改善

時期によって何に反応するかを明確にして対応する


ハウスダストやダニに鼻炎が反応するのであれば、定期的な部屋の掃除とホコリの除去、布団を清潔にするといった対応を行うことで、家での鼻炎の症状を抑えることができます。

湿気はダニの繁殖を促進させる原因となるので、日が出ているときに窓を開けて空気を入れ替えることも効果があります。

花粉に反応する場合は、外に出るときは必ずマスクをする、事前に自分が患っている鼻炎が何の花粉に反応するのかを調べ、その花粉がたくさん出てくる時期には気を付ける。

また、外から家に帰った際に、ジャケットやズボンなどに付着している花粉を落として部屋に入ることにより、部屋での花粉に対するアレルギー反応を防止することができます。

耳鼻科で適切な処方をしてもらう


アレルギー性鼻炎は放置しておくと様々なデメリットを引き起すものですが、病院で処方される薬をきちんと飲む、定期的な診察をするといった対応を行うことで、日常生活にほぼ支障が出ないようになります。

金銭面での負担がかかることは避けられませんが、仕事での大きなトラブルを回避することが可能になるため、日々の対策が重要です。

鼻炎患者の割合

アレルギー性鼻炎になっている人は約4割


日本でアレルギー性鼻炎になっている方は、人口の約4割だと言われていて、20代から30代の人が最も多く鼻炎になっています。

自分がアレルギーを患っていることに気付かない方がとても多い


鼻炎には通年性のものと季節性のものがあり、季節性の鼻炎を患っている方は、時期によっては風邪だと誤認識をしてしまうことから、自分が鼻炎になっているということを自覚していない方が多いのです。

そのため季節代わりの鼻炎対策ができずに困っている人が多いため、春や秋の季節代わりに鼻水がひどかった場合は、耳鼻科で診察を受けることで、今後の鼻炎に対する対策が可能となります。

鼻炎はあなたにあった改善法が必要
鼻炎になる原因や症状は人それぞれであるため、耳鼻科での検査が必要不可欠となります。

自分の症状を理解したうえで適切な時期に対応を心がけることにより、アレルギー性鼻炎は症状を軽減することができます。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
子ども(0~6歳ごろ)の鼻水の状態が、気になります!
ハウスダストがもたらす身体への影響は?
鼻づまりは「手術」で治す!? 長引く鼻づまりに、サヨウナラ!

Doctors Me 3日前

このページのトップへ