謙虚さも必要! 自分に「自信がある」ことが、ときに恋愛で損をするワケ

●今回の良縁“遠ざけ行動”は?

「自分に自信がありすぎる」

幸せになれる恋がしたい女子のみなさま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所主宰」のにらさわあきこです。恋をうまくいかせるためには、なによりも「自分に自信を持つのが大事」とは言いますが、自信がありすぎて、友人の助言に耳を傾けられなくなっているようなら困りもの。「ピンクのワンピを着たら?」と言われても、合コンに黒スーツで出かけたり、「気取った格好はしたくない」とひっつめ髪でパーティに出たり……。今回の良縁遠ざけ行動は、「自信があり過ぎること」についてです。

●分野ごとにルールがあると心得よう

そもそも論としては、人として自信を持って行動するのは大事です。ただし、いろんな分野には、分野ごとのルールや様式があるのも間違いない。たとえば、英国式お茶会を学んだ女性が英国式お茶の作法に自信を持つのはいいことですが、だからといって、日本の茶道の現場で、「正座はナンセンスだから、私は椅子でお抹茶をいただくわ」なんていうのは、マナー違反でしかないですよね。つまり、その分野にはその分野のルールや様式があるのだから、ひとつの分野に自信があるからといって、ほかの分野で謙虚にならない理由はないということです。

●恋愛には恋愛のルールがある

で、ことは恋愛なのですが、恋愛にはやはり恋愛におけるマナーや作法というものがあります。たとえ仕事ができる女性でも、性格が素晴らしい女性でも、恋愛のマナーにのっとっていなければモテないことは十分にあり得ます。特に女性としての魅力を封印しているときに、モテないケースは多くあるでしょう。たとえば、「私は仕事ができるから」と、人の助言に耳を傾けずに、常にパンツスタイルでショートヘアでいる女性が「彼氏がほしい」と言いながらも、「今のスタイルに自信があるから」と変えようとしなければ、彼氏はなかなかできづらいでしょう。周囲の「スカートを履いたら?」「お化粧をしたら?」の声は、今のスタイルを改善したほうがモテそうだから言ってくれているものなのに、「自信があるからいいの」と現状を貫いているようでは、変化のきっかけはできづらい。

●自信がある人は意見を聞ける

それにもっというと、本当に自信のある人というのは、人の意見にも謙虚に耳を傾けられるものですよね。事実、社長業などをしてる人たちは、自信を持っているけれど、人の意見に対してもニュートラルで謙虚です。なので、「私はこうだからいいの」と人の意見をはねつけている人は、むしろなんらかのコンプレックスがあるかもしれないと考えたほうがいいくらいです。そしてそのコンプレックスの原因が何かを突き止めない限り、彼氏はできないかもしれません。

とはいえ、難しいことではありません。人の意見に素直にさえなれれば、新しい魅力は必ずや表現できるようになりますし、一方、人の意見を取り入れたからと言って人間性が変わるわけでもありません。「冠婚葬祭では黒い礼服を着るのが、一般的にはマナーである」とされているのと同じ様に、男性と知り合う席では、白やピンクの服を着るようにしたり、お化粧をしたりするのが好印象になれるマナーであるというだけなのです。

●まとめ:「自分に自信がありすぎる」あなたへのアドバイス

今のところ彼氏がおらず、「できれば彼がほしい」と思うなら、友人の助言に耳を傾ける謙虚さを持つのは大事です。だって「自分に自信があること」と、「恋愛面で改善点がないこと」とは、イコールではないのだから。恋愛の分野には恋愛におけるマナーや作法があると心得て、謙虚に、人の助言には耳を傾けて行動していきましょう。

(文:にらさわあきこ イラスト:カツヤマケイコ)

関連リンク
自分に「自信のある」女性と「自信のない」女性、男ウケするのはどっち?
悪いことばかりじゃない! ネガティブ思考のメリット4つ
小さくてかわいい!? ぶっちゃけ自信がある「カラダの部位」4選

このページのトップへ