・・・・・・許さねーから!! ベッド上で、グサッときた「彼女の一言」4つ

男性の心は、女性が思うよりもずっと繊細でナイーブなもの。ささいな一言がきっかけで、自信を失ってしまったり引いてしまうこともあるようです。今回は、ベッドの上で「男性がグサッときた彼女の一言」について紹介していきます。

■赤ちゃん言葉

・「赤ちゃん言葉を使われたときは引いた」(29歳/その他/その他)

・「赤ちゃん言葉で甘えてくるとドン引き」(35歳/その他/その他)

・「赤ちゃん言葉を使われたときはひっぱたきたくなった」(31歳/自営業・フリーランス)

彼に思いきり甘えたい! という気持ちもわかりますが、ドン引きされる可能性も大。彼を喜ばせたくてやっているなら、やめたほうが無難かも?

■寝る

・「疲れたから寝ると言われ、さめた」(38歳/小売店/営業職)

2人で話をしたい、ラブラブな雰囲気を味わいたいと思っていた彼にとっては、ショックな一言になるのかもしれませんね。

■傷つく言葉

・「すごく汚いから近づかないで。これはショック」(39歳/正社員/総合職)

どのようなタイミングで言われても傷ついてしまう一言ですね。彼に清潔感は持っていてもらいたいものですが、言い方等は配慮するようにしましょう。

■違う男性の名前

・「違う男性の名前が出てきたときに萎えた」(23歳/学校・教育関連/その他)

絶対に言ってはいけない禁断の一言ですね。それが誰であっても、ドン引きは確定。そのまま別れ話に突入する可能性もあるかもしれません。

■まとめ

たった一言で彼との関係がぎくしゃくしてしまったら、とても残念なことですよね。また言葉は、こちらの意図とは違った解釈をされてしまうこともありますよね。変な誤解を生まないよう、お互いへの思いやりを大切にしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月11日
調査人数:173人(22歳~39歳の男性)

関連リンク
この女とは二度と飲まねーっ!! 男性が合コンで出会ったダメ女の特徴7選!
あなたは小悪魔系? 「エロカワ女子度」診断
やめろ、黒歴史すぎる! 彼女とやらかしてしまった恥ずかしい場所6つ

このページのトップへ