1日2分!骨盤調整&体幹を鍛える「片足立ち」が簡単でキツくて効く~

体を整える運動はさまざまなものがありますが、道具も不要でどこでも誰でも簡単にできるものが、やっぱり人気です。そんなエクササイズの一つとしてご紹介したいのが、片足立ち。
左右どちらかの足だけで立つという、なんともシンプルなエクササイズですが、じつはうれしいメリットがたくさんあると話題なんです。
 
■からだ年齢のチェック&下半身の強化に
実際の年齢ではなく、体の健康度合いを測る“からだ年齢”をチェックする際によく行われるのが片足立ちです。
人は年齢を重ねると下半身の筋肉が衰え始め、それによって短時間であっても片足立ちをすると、ふらついてしまうようになるのです。反面、片足立ちは、それだけ下半身の筋肉を鍛えることができる運動であるということです。
 
■体幹も鍛えられる!
片足で全身の体重を支え、なおかつ、ぐらつかずにまっすぐの姿勢をキープするためには、下半身の筋肉だけでなく体幹も必要です。だから、片足立ちをすることで、下半身の強化とともに体幹のトレーニングもできるのです。
 
■骨盤の緊張をほぐし血流を改善
片足立ちになり、上げた方の足を開くことで、股関節が緩まります。するとキュッと固まっていた骨盤も緩むのです。
骨盤の緊張をほどくことができれば、骨盤への血のめぐりだってよくなり、胃腸の不調や冷えなども改善されると期待できます。
 
■片足立ちのやり方
では、具体的にどうやって片足立ちのエクササイズを行えばよいかご紹介します。
(1)まっすぐの姿勢で立ったら右足を軽く曲げて上げ、左足のふくらはぎか膝の横につける
(2)バランスがとれたら右足の位置を徐々に上げ、左足の太ももくらいにつけて、そのまま1分間キープする
(3)左右の足を替えて同様に行う
最初は簡単と思っても、1分間続けると足がぷるぷるしてきて、全身の筋肉を使っていると感じられるはずです。
余裕があれば上げた方の足は軸となっている足のつけ根くらいまで上げてみましょう。さらに両手を頭の上にまっすぐ伸ばすと、ヨガの“木のポーズ”になり、全身の代謝もアップすることでしょう。
 
ただ片足で立つだけの簡単エクササイズです。歯磨きをするときや、皿洗いをするときなど、“ながら運動”として取り入れてもいいですね。
 

【関連記事】
Wow!トイレの20秒で「ムニムニ背中の肉」が消える簡単エクサ
ヤダッ「ベルトの上のプニ肉」なんて可愛くない!簡単エクサで撃退術
ながらエクサは「やるorやらない」がおデブの分かれ道!オススメ5選
たった3分で全然違う!「ヨガ前」にやると効果的なウォーミングアップ
ブレナイ女の痩せる体!「体幹力」をガッチリ上げるヨガ&エクサ5つ

このページのトップへ