これって病気? 緑色っぽいおりものが出るときの原因と対処方法

女性の月経周期に合わせて状態が変化するおりもの。量が増えたり、においが気になったりとおりもので悩んでいる女性は多いようです。量、色、においって一体何が異常なの? 緑色っぽいのは大丈夫? おりものの役割とおりものの色によって隠れている病気の症状や対処方法について調べてみました。
通常のおりものの色と状態

おりものって一体何?
おりものは性器の分泌物が集まったもので、具体的には子宮内膜から分泌される粘液、子宮頚管から分泌される粘液、膣粘膜からの分泌液や膣から剥がれた古い細胞、外陰部の皮脂腺、汗腺からの分泌液などが混じり合って出来ています。おりものの分泌は卵巣ホルモンと関係があり、初潮が始まるころから分泌され始め、20歳前後でピークを迎えてその量が増えてきます。加齢とともに卵巣ホルモンの分泌が低下し、更年期頃にはおりものの量は減っていきます。
おりものの役割
おりものは量が増えて下着が濡れたり、においがしたりするのでわずらわしく感じる女性も多いでしょう。しかし、おりものは膣内の酸性を保ち、細菌を防ぐ役割を果たします。古い細胞などの老廃物を体の外に出そうとすることで、膣内の清潔を保つのです。とっても大切な役割をしています。女性の生殖器は、外陰部から膣や子宮までつながった状態にあります。外と直接つながっているので雑菌が入りやすい環境にあります。また、膣は肛門のすぐ近くにあるので、大腸菌などの雑菌が付着しやすくなっています。そこで大切な生殖器を雑菌から守りために、おりものが分泌されているのです。また、排卵期にはおりものの量が増えて受精をサポートするという大切な役割があります。精子をおりもので守り、卵子までの移動をスムーズにする働きがあります。
正常なおりものって?! 
一般的に健康な女性のおりものは無色透明から白っぽく、少し粘り気があります。ただ、実際に出てくるおりものは膣の粘膜や細胞などいろいろなものが混じっているので少しクリーム色の状態で出てくる場合もあります。これも正常の範囲内といえます。また酸性なので少しすっぱい臭いがします。このおりものは生理の周期に合わせて量や状態が変化します。生理が終わったあとすぐのおりものは、量が少なくさらっとしているのが特徴です。生理後一週間くらい経った排卵期にはおりものの量はもっとも多くなります。においはそれほど強くありませんが、水あめのように透明で糸を引くようなおりものです。少し血が混ざることもあります。体が妊娠の準備を始める黄体期に入るとおりものはだんだん減ってきます。白っぽくのりのような状態になります。粘りのある卵の白身のようなおりものが出ることもあります。生理前になるとだんだん臭いも強くなってきます。
おりものが緑色っぽいときの原因

おりものは体の状態を示すバロメーター
おりものの状態は女性の体の健康状態を表しています。おりものの量が多少変化するくらいは問題ないようですが、おりものの色が緑や黄色など極端な変色や異臭がする場合は、重大な病気が潜んでいるケースがあり注意が必要です。おりものの変化は体からのSOSだと受け取って良さそうです。おりものの変化とともに発熱や痛みを伴うこともあります。おりものが普段と違うなと異変を感じたら早めに婦人科を受診することをおすすめします。
色の変化は異物侵入?! 
おりものが緑っぽい、膿みたいに黄色いときの原因として考えられるのは、細菌による感染症です。色が緑っぽくなるのは、鼻水や痰が緑色になるとの同じようなもので、異物が侵入し体がそれを排除しようと戦った結果だと言われています。おりものの場合は性感染症や免疫力の低下によって常在している菌が繁殖し、それを排除しようとした結果おりものが緑色に変化して出てくるようです。
おりものが緑色っぽいときに考えられる病気と対処方法

クラミジア感染症
水っぽくさらっとしていて、白色や膿が混ざった黄色っぽいおりものが増えた場合は、クラミジア感染症の可能性があります。排尿時に軽い痛みがあったり、下腹部痛を伴うこともあります。セックスによって、クラミジア・トラコマティスという病原体に感染して起こる病気です。クラミジアに感染しても、男女ともに自覚症状がほとんどなく、自覚があっても軽いので気づかないこともあります。そのため若い世代を中心に感染が広がっています。進行すると子宮頸管炎や子宮内膜症、卵管炎、骨盤内膜症などを引き起こし、不妊症や流産、早産などの原因になりこともあるので要注意です。クラミジア感染症は抗生物質による治療が基本です。クラミジアに効く抗生物質を内服し、2週間ほどで治りますが、病原体が死滅したかどうか確かめるために再検査を受けることが必要です。また、お互いにうつし合うことを避けるために、パートナーも一緒に治療を受けましょう。普段からコンドームを使う習慣をつけることも大切です。
淋病(淋菌感染症)
淋病は、黄緑っぽい膿のようなおりものが増え、粘液性または膿性のあるねばねばした分泌物がでるのが特徴です。時に悪臭を放ち外陰部が腫れて、かゆみがでます。淋病とは淋菌という病原菌の感染によって起こります。セックスによって感染する性感染症ですが、感染力が強いのでキスでもうつります。女性は自覚症状がほとんどないので感染源になってしまうこともあります。おりものが多くなり、陰部がかゆくなるという症状のほかに、尿道にも広がると排尿時に痛みを伴います。淋病を放っておくと子宮頚管炎が子宮内に広がって、不妊症や子宮外妊娠の原因になることがあります。治療方法は、抗生物質の内服や注射による治療を1~2週間続けます。完治に時間がかかることもあります。
トリコモナス膣炎
トリコモナス膣炎は、黄緑色の悪臭のする泡状のおりものが出るのが特徴です。おりものによって外陰部がただれたり、膣や外陰部に強いかゆみが出ます。トリコモナス膣炎の原因は、トリコモナスという寄生虫が膣に感染して起こるものです。トリコモナス原虫は男性の尿道や精液内に潜んでいるため、セックスを介して女性にうつります。男性は感染していても自覚症状がないので、気づかないことが多いようです。治療法としては、抗トリコモナス薬を1~2週間ほど服用します。膣に入れる膣錠も併用すると高い効果を得られます。薬物治療によって比較的すぐにかゆみはおさまりますが、完治させるためには、医師に支持された期間は治療を続けることが必要です。再感染を防ぐには、パートナーの男性も検査を受けて、治療を行いましょう。この病気を放置するとトリコモナスは増殖を続け、膣のほかにも、子宮頚管や膀胱、尿道などにも炎症が広がってきます。
細菌性膣炎
細菌性膣炎になると黄色っぽいおりものが増えて膣が腫れたり、かゆくなったりします。子宮の入口がただれて出血すると、おりものが赤茶色っぽくなります。また、おりものの臭いが強くなることもあります。細菌性膣炎の原因は、体力が落ちている時に大腸菌などが膣に侵入し繁殖すると炎症が起こります。かゆみが強い時におりものシートを使うと、かぶれて症状がひどくなる場合があるので、こまめに下着を取り替えるのが良いでしょう。また排便時は前から後ろへ拭くようにしましょう。治療方法は抗生物質の入った膣錠を膣内に挿入します。症状がひどい場合は、飲み薬で細菌を殺します。
子宮内膜炎
細菌感染によって子宮内膜が炎症を起こす病気です。主な細菌は、大腸菌、腸球菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、淋菌、結核菌などがあります。下腹部痛や微熱などの症状があらわれ、膿をもった黄色っぽいおりものが出るのが特徴です。まれに不正出血などの症状もみられます。月経が定期的にある女性の場合は、細菌が侵入してきても子宮内膜は周期的に剥がれ落ちるので一緒に排出されます。しかし、閉経後の女性や、出産後すぐ、また流産後の女性は子宮内膜が剥がれ落ちないので、細菌感染を起こしやすいと考えられます。治療方法は抗生剤を投与します。症状がひどい場合は消炎薬を併用します。
非特異性膣炎
黄色や黄緑色、また茶色がかっているおりものが出たり外陰部の不快な症状が見られるのに、検査を行ってもカンジダ菌や淋菌などの病原菌が検出されずに原因が特定されない場合があります。そんなときは非特異性膣炎と診断されます。

かゆみはさほど無いようですが、外陰部が赤く腫れたり、ただれたりといった症状がでることがあります。また、排尿時の痛みや不快感、下腹部痛を伴うこともあります。この非特異性膣炎の原因は大腸菌やぶどう球菌などによって引き起こされる感染症で、おりものの量が増えて悪臭を伴うことがあります。風邪をひいたり、家事や仕事が忙しかったりと体の抵抗力が落ちている時に、本来自浄作用によって酸性に保たれている膣内が、疲労によって自浄作用が低下し発病してしまいます。疲れやストレスには注意が必要です。

まとめ

おりものが緑色になっていると「病気かもしれないと」不安になってしまいますね。「しばらく様子を見よう…」と考えたくなるものですが、放置すればするほど、どんどん症状が悪化してしまう場合もあります。不安な気持ちでいるよりも思い切って受診し、原因を突き止めることのほうが賢明です。おりものに異常が見られた場合には直ちに婦人科を受診する事をおすすめします。自分の体の変化を知るための重要なバロメーターとなるおりもの。免疫力が落ちたり、風邪を引いたときにも変化が見られます。病気のサインを見逃さないためにも、普段からトイレに行った時にはおりものの状態をチェックし、自身の健康状態を把握するようにしましょう。

  1. ブランシュ(44歳) ID:CmITd・12/01

    写真が酷いし文章長すぎ。

    1

このページのトップへ