ムクドリが描く“空中絵”

秋から冬へと変わるこの季節、毎年スコットランドで見られる光景がある。11月25日、郊外の町グレトナ・グリーンの夕空に現れたのは、巨大なハリネズミのような絵。実はこれ、ムクドリの大群が描いたアート作品(?)で、時には数万羽にも及ぶホシムクドリたちが様々な編隊を作りながら形をなしていくという。

ムクドリは大群を作ることで鷹やフクロウなどの天敵から身を守っているそうだが、時には天敵が少ない市街地に留まり、鳴き声やフンの問題を引き起こすことも。しかし、芝生の中の虫を見つけて捕食するなど、グラウンドキーパーの才能も持つ賢い鳥でもあるという。
最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

※当記事は2016年11月29日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
ムクドリが描く“空中絵”の【もっと大きな画像や図表を見る】

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

■「topic」に関する過去のイチオシ記事
「部下にしたくないAKB48は?」ダントツ1位は●●
彼女にしたいAV女優1位は?
30代男性「セカンド童貞率は5人に1人」
マネージャーが苦労しそうな女芸人TOP10
紅白「キンキ出場、SMAP不出場」にファンの反応は?

R25 11/30

このページのトップへ