奥さんを溺愛ッ!なぜか仕事でも大成功する「愛妻家」の作り方

「愛妻家」と聞くとなんだか自分の奥さんを溺愛しているイメージ。いいなぁと思いませんか? 実は愛妻家というのは妻を愛してやまないだけではなく、「成功者」である可能性も高いのです。そして世界の億万長者も実は愛妻家。今回は、愛妻家がなぜ成功者になりやすいのか? ご紹介したいと思います。

そもそも愛妻家ってなに?
「愛妻家」とは、妻を熱烈に愛してやまない男性のこと。浮気や不倫とはもちろん縁がなく、いつでも妻のことを思って行動する特徴があります。妻が一番かわいくて、記念日はもちろん、家族との行事を大切にするところがあるのです。
有名人での愛妻家といえば、日本ではお笑い芸人の土田晃之や所ジョージ、プロ野球選手のマーくんこと田中将大。海外ではハリウッドいちの愛妻家ともいわれるヒュー・ジャックマン、世界の億万長者でもあるビル・ゲイツ、そしてスティーブ・ジョブズも愛妻家でした。
愛妻家の妻の特徴とは?
夫から愛される妻には、どんな特徴があると思いますか?
それは、余裕があり、自由奔放である一方、相手を信じる気持ちや思いやる気持ちとを兼ね備え、自分らしさを大事にしている女性です。
好きに生きて、自分のやりたいように動きまわる女性の姿に愛おしさを感じてしまうのでしょうね。
愛妻家と恐妻家は紙一重?
恐妻家は妻を恐れて、機嫌を損ねないように行動をする男性のこと。結局は妻に頭が上がらなく、“妻のために生きている”ようなものですから、愛妻家も恐妻家も、じつは紙一重だと筆者は思っています。
 
なぜ成功者に愛妻家が多いのか?
そして今回の本題は、「なぜ成功者には愛妻家が多いのか?」。
家庭と仕事は別物とはいえ、その人自身の物事に対する対応や考えは家庭でも仕事でも目に見えるものとなり、その人の人格を表すもの。
例えば職場の怒りっぽくせっかちな部長を見てると、”あぁ、きっと家でもそうなんだな”と思ってしまいますよね。
反対に、思いやりを忘れず、同僚や部下を大事にするような人に対しては、”きっと家でも奥さんに優しいんだろうな”というような印象が浮かび上がるのではないでしょうか。
愛妻家は、家族との関係を大事にし、家族を管理する能力があります。また、女性問題を起こさないような自制心を備えているので、家族からの信頼もとても大きいのです。
それを仕事に置きかえてみるとどうでしょうか。
会社で働く人間との関係を大事にし、また組織を管理する能力があり、他人に迷惑をかけず、問題を起こさないよう心がけているため、周りからの信頼も、その誠実さによって作り上げられるものなのです。
愛妻家は女性自身でも作り上げることができる!
「私の夫は愛妻家ではないからもう遅い?」と思ってしまう方。
そんなことはもちろんありません。
愛妻家が、なぜ妻のことをそこまで愛するのか? そこには夫婦お互いに信頼し合い、支え合って築き上げた夫婦関係が存在するのです。「内助の功」という言葉が存在するように、妻の応援や励ましは男性にとって、とても大きな原動力になるもの。
男性の資質だけではなく、自分自身も夫に歩み寄り深く理解し合えるような関係を目指すことが、愛妻家を作りあげるとても大事な一歩となります。
 
筆者の周りにいる成功者も、愛妻家が多く、家族をとても大事にしています。彼らは”良い仕事”は人間関係の良し悪しで決まるということをわかっているのです。
 

【関連記事】
抜群の安定感!3位医者…2位サラリーマンより「結婚したい職業」1位は
コレが本音!?「結婚相手として不人気」な男の職業3位介護士…1位は
もぅ覚悟したから!「一生独身な自分」を想像する瞬間…1位は
ああ…離婚まっしぐら!「夫がどんどんダメになる」妻のNG行動3つ
そんな小さなことで…!カップルがケンカする価値がない2つのコト

Menjoy! 4日前

このページのトップへ