“汚部屋女子”は心の病気?片付けられない性格と「精神病」の関係



「片付けられない」癖、もしかしたら心の病気かも

最近多く見られる汚部屋で暮す女性たち。だらしないだけならいいのですが、もしかしたら心の病気のサインなのかもしれません。心が落ちこんでいたりうつ状態の人の特徴として、部屋の散らかりが挙げられるのだそう。部屋の片付けと精神疾患には、深い関わりがあったんですね。
心の病を抱えている人が片付けられない理由として、いくつかの原因が考えられます。まず、片付けたくても片付け方がわからない、部屋を掃除する気力がわかない、片付ける必要性を感じない、そして大量にものを収集してしまうなど。いずれにしても、あまり健康的な精神状態ではなさそうです。


部屋の散らかり方によってわかる心の状態

全てに当てはまるわけではありませんが、部屋の散らかし方の癖などから心の状態を垣間見ることができるのだそう。

まず、片付ける意欲ややる気が無い状態で、全てがやりっぱなしの散らかり方。これは「うつ病」による無気力の可能性があります。また、日常の全てを放棄してしまう「セルフネグレクト」にも、このような状態が見られるそうです。
さらに、部屋がゴチャゴチャでパニック状態にあるような場合は、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の可能性があります。集中力や活動性に欠けることから部屋が散らかってしまうのです。これらはあくまで例ですが、当てはまる場合は、心の状態を見直してあげることも考えましょう。


心の病気かも。そんな時にとる行動

精神病は、自分ではなかなか気付きにくいとてもデリケートな病気。「もしかしたら心の病気かも」と思ったときにどんな行動をとればいいのかも、いざとなっては難しいものですよね。
まずは、できることから始めることが肝心です。生活リズムを整えて、健康な状態に戻すよう努めてみましょう。健康な心は、健康な身体から生まれます。

それでも改善が見られなかったら、医師に相談してみましょう。心の状態のみの場合は精神内科、心に伴って体調にも影響が出ている場合は心療内科に診察してもらいましょう。


貴方の心、いろんな鏡で映してみて

心の状態は目に見えないわりづらいもの。ですが、身体や行動などから見える様々なサインで、心の状態は垣間見えることがあります。そんなサインを見逃さないよう注意して、早めに対処し応えてあげましょう。

【関連記事】
急増中の“性嫌悪症”…。「レスでも仲良し」はキケンな部分もあるんです
“安いオンナ”にはなりたくない。利用されないための「恋愛マニュアル」
毎月生理前にやってくるPMS!自分の体調を把握するためには?
あなたは“安い女”?じつは「未来の恋人」に見られてるかも…!?
漠然とした不安がずっと続いています…もしかしたら「不安神経症」かも

このページのトップへ