今日は、歯ブラシの正しい洗い方をお勉強。

お口の中の雑菌を取り除くための歯みがきですが、そのために使う歯ブラシ自身が汚れていては逆効果になりかねません。
歯みがきのあと、洗いきれずに歯ブラシに残ってしまった食べかすや歯垢(プラーク)、歯磨き粉は細菌の繁殖の原因です。水洗いしたら歯磨き粉が残っていないかよくチェックしましょう。
また、よく洗っても乾燥が不充分だとやはり細菌が繁殖しやすくなります。とくにオフィスに置きっぱなしにしていたり、外出用にバッグの中に入れっぱなしにしている歯ブラシのケアはとくに注意が必要です。
<実践のコツ>
・歯みがきが終わって水洗いした歯ブラシは、よく水を切ってからヘッドを上にして保管しましょう。
・保管は風通しの良い場所で。ケースに入れる際もよく乾燥させてから。
・常に乾燥した歯ブラシが使えるよう2本準備して順番に使う方法も。
歯ブラシの正しい洗い方
種類によって全然違う!電動歯ブラシのメリットとデメリット

【関連記事】
今日は、歯ブラシ買って帰りましょう。
どうして虫歯にはキシリトールなの?あの赤い果実●●●で歯磨きが効果的なんです!
一生モノのプレゼント!子供のきれいな歯並びはどう保つ?
毎日使うものだから。正しい「歯ブラシ」のケア方法、ちゃんと知ってますか?
歯ブラシとセットで効果バツグン!「デンタルフロス」でオーラルケアのススメ

このページのトップへ