妊娠中の食事で気をつけたい大切なこと 妊婦さんの食欲旺盛は当たり前?

妊娠初期は体に様々な変化をもたらします。

変化のひとつとして見られるのが食欲です。

今回は妊娠初期で食欲旺盛になったときに注意したいことについて語りたいと思います。

食欲旺盛になる原因と対策


□妊娠初期は食欲や食べたいものが変化し、 食べつわりという症状もある
□食欲を抑えるためには 〝食べる順番〟と〝食事の回数を増やす〟が有効的
□食事制限で眠れないからと言って睡眠薬を服用するのは絶対にやってはいけないこと

妊娠中食欲旺盛になるのはよくあること
赤ちゃんの成長のために通常よりも食事量が増えるのは決しておかしいことではありません。妊娠初期に食欲旺盛になるのはよくあることです。

しかし、赤ちゃんがいるからといって食べ過ぎは良くありません。高血圧の原因にもなります。また 〝食べつわり〟という怖い症状もあります。

食べつわりとは?


食べつわりは何かを口に入れていないと気分が悪くなる症状です。なかには口に物を入れても気分が悪い状況が続く人もおり、とてもつらい症状です。

食べつわりなどの症状が発症すると、異常に体重が増加してしまったりする場合があるため、注意が必要です。食欲旺盛なのは悪いことではありませんが、何事も過度になるのはよくありません。

妊娠中は食欲だけではなく食べたいものも変化する
普段は甘いものをそんなに食べていなかった人がシュークリームやケーキをたくさん食べたり、スナック菓子が無性に食べたくなったりと妊娠初期は食べたいものが変わることがあります。

また食べものだけでなく、飲みものも変化する場合があります。

健康的な飲みものを好むようになれば問題ありませんが、炭酸飲料や甘いジュースなど、飲みすぎにはあまり良くないものを好むようになったときは注意が必要です。

妊娠中、食欲を抑える3つの方法
どんなに注意しても妊娠初期の食欲を抑えるのは大変です。少しでも食べ過ぎないためにできることはあるのでしょうか?

食べる順番変える


肉・魚、野菜、ご飯が食卓に並んでいる場合、 野菜→肉・魚→ご飯の順番で食べるようにしましょう。人の満腹感は食事をしてから約20分間かかると言われています。

最初にご飯を食べると、満腹感を得る前におかわりをしてしまう可能性が高くなるのです。

また妊娠中は便秘になりやすいため、 野菜を積極的に食べましょう。野菜をたくさん先に食べることで食欲と体重増加を抑えることができます。

アメやゼリーでその場しのぎ


空腹感を落ち着かせるために アメやゼリーを食べるのも効果的です。なるべくカロリーを抑えるため、ノンシュガー・ノンカロリーのものを食べるようにしましょう。

1日3食から1日5食


食べる全体の量は変えず、 食事の回数を増やすことで空腹感を抑えることができます。さらに妊娠していないときに比べ、 よく噛むことを意識しましょう。満腹感を得たい方は汁物がお勧めです。

食事制限以外で妊娠中の食欲を抑える方法
食欲を抑えるためには、食事量や回数などを制限するしか方法はないのでしょうか? ここでは食べるという行為以外で食欲を抑える方法を考察したいと思います。

好きなことに没頭する


食欲を抑えるためには何か好きなことに集中するのがお勧めです。何もせずにダラダラと家にいると、ついつい食べたい欲求が出てしまいます。

また食べものがすぐ手に届く範囲にあるのも食べ過ぎてしまう原因のひとつです。どうしても食欲が抑えられない場合は 軽い運動や散歩など、外出するのも良いでしょう。

食事を記録する


ダイエットの方法のひとつとしてレコーディングダイエットというものありますが、妊娠初期の食欲を抑えるのにもこのレコーディングダイエットは役に立ちます。

もちろんダイエットが目的なのではなく、 あくまで食べ過ぎを防止するためです。何もしなかったり、頭のなかだけで整理していると自分でも気づかないうちに多くの量を食べている場合があります。

日々の体重・食事量を記入することで食欲に歯止めをかけましょう。

妊娠中食欲旺盛だからといって絶対やってはいけないこと
空腹を抑える方法はいろいろありますが、妊娠中に絶対やってはいけないこともがあります。それは 睡眠薬を服用することです。

空腹のときに困ることと言えば、夜眠れないことです。だからと言って妊娠中に睡眠薬を飲むのは絶対にやってはいけません。

睡眠薬は赤ちゃんに大きく影響を及ぼす薬です。妊娠中に服用すると赤ちゃんに催奇形性(さいきけいせい)が起こってしまう確率を上げてしまいます。

また睡眠薬の主流であるベンゾジアゼピン系は出産後の母乳に移行することがわかっています。 睡眠薬は妊娠中だけでなく、出産後にも影響が出る薬なのです。

妊娠中に関わらず食欲をコントロールしよう
食欲をコントロールするのは、そう簡単なことではありません。食べたいものや食欲が変化する妊娠中は尚更です。

できれば妊娠してからではなく、普段から食欲をコントロールすることを意識しましょう。

また、食べつわりなどの症状に関しては自分だけでなく、周りの理解も必要です。

ひとりではなかなか食欲を抑えることができない場合は旦那さんや医師など、協力者を求めましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

【関連記事】
産後の悪露(おろ)について教えて!
《恥ずかしくて聞けない!》出産時には、おならや便が出やすくなるって本当?
【医師解説!】子宮外妊娠について、正しい知識を教えて!

Doctors Me 11/29

このページのトップへ