肌トラブルの原因!美肌の大敵「ストレス」は簡単“リラックス法”で一網打尽



なぜ?「ストレス」で肌が敏感になるワケ

様々な症状の原因に繋がる「ストレス」ですが、お肌の肌質をも変えてしまうというのだから脅威ですよね。ストレスで健康に乱れが生じてしまうことによってお肌に良くない環境になり、今までになかったような肌トラブルを引き起こしてしまうんです。
ストレスホルモンの一つであるコルチゾールが分泌され、免疫機能が抑制されてしまいます。すると、肌は外部からの刺激に対抗できなくなり、肌あれやかゆみなどを引き起こします。
ストレスによって自律神経が乱れると、睡眠不足や睡眠の質の低下を招き、血行が悪くなって体が冷えやすくなります。これにより、肌のターンオーバーが乱れてしまうため、肌トラブルが起こりやすく、敏感肌に傾いてしまうことがあります。
注意したい「ストレスの種類」


お肌のために「ストレス解消」 を

お肌の状態が悪くなってしまうと、ついついスキンケアに集中してしまいますが、根本原因となってる「ストレス」や「疲れ」を早めに解消することも大事。なるべく心と身体を休めてリラックスできる時間を持ちましょう。
ストレスによる影響が多い場合は、ストレス解消や溜めこまないようにすることが根本的な改善になります。過度なストレスを避ける、適度に運動する、質の高い睡眠をとる、食生活の乱れにも気をつけるなど、今の生活を見直すことが重要です。
「アロマ」でストレス解消法



リラックスできるぽかぽか「入浴法」 

「お風呂」はストレス解消に大きな効果が期待できるものの一つ。身体をぽかぽか温めて、心もリラックスしちゃいましょう。効果アップをするために重要なのがお風呂の温度。熱すぎずぬるすぎない、心地良いと感じるお湯にゆったり浸かりましょう。
一日の疲れを癒す夜の入浴では、40℃以下の少しぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。ぬるめのお湯は体をリラックスさせる副交感神経を優位にし、安らかな眠りに導きます。
また、入浴後の体温が下がるときには眠りのスイッチが入りやすいとき。睡眠の一時間前に入浴を済ませ、体温が下がるときに眠りに入ると気持ちよく眠れます。
ストレス解消にイイ「睡眠」って?


不安なときは「腹式呼吸」 のおまじない

大きなストレスとなる不安や緊張は、なかなか簡単には抜け出せないもの。ですが、大きなストレスに膨れ上がってしまう前に、その場でリラックスしてみましょう!ドキドキして早くなってしまった呼吸を、ゆっくり整えることで心も安定することができます。

不安や緊張を感じているときの呼吸は浅く速くなりがち。吐くことに気持ちを向け、意識的に深い呼吸を行うことで、緊張した心や体を緩めることができます。


元気な心は「美肌」 を生む

「ストレス」による心の乱れは、後にお肌の乱れとなって表面的に表れてしまいます。そんなことにならないためにも、いま持っているストレスは早めに解消しちゃいましょう!

【関連記事】
明日の朝は、ごはんでスタートしましょう。
もうコゲは始まってる…。明日から実行すべき「紫外線」対策
忙し女子の最強の味方。30代からの「オールインワン化粧品」はこう選ぶ
「毛穴レス」は実現できる。ツルリン美肌を手にするための毎日毛穴ケア
目の下にご用心!10歳老けて見える「クマ」の対策法

このページのトップへ