うっとり至福の気分!3つの注目「ご褒美入浴剤」で極上バスタイム

いつもはシャワーだけで済ませていても、真冬の寒さが目前に迫ってきたこの時期は、あったか~いお風呂に入りたくなりませんか? 湯船に浸かるのは面倒と感じてしまうこともありますが、入ってしまえばリラックスして幸せ気分になれますよね。
身体を冷やさないためにも大切な入浴ですが、方法を少し変えるだけで様々な効果をもたしてくれます。
そこで今回は、目的に合わせた入浴方法と贅沢なバスタイムが楽しめる、この冬おすすめ入浴剤を3つご紹介します。
 
■入り方で変わる!目的別の入浴方法
(1)ぐっすり眠りたいとき
寝つきが悪かったり、眠りが浅いと感じる人は、38~40℃の少しぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。副交感神経が優位になるとことで、身体の緊張が解放されて心身共にリラックスすることがでるため、快眠の手助けとなります。
(2)むくみが気になるとき
ヒールを履いたり、一日座りっぱなしだったりしているとむくみが気になりますよね。そんなときは、40℃前後のやや高め温度のお湯に肩まで長く浸かるのがおすすめ。
身体にかかる水の圧力を大きくすることで、血液循環を促進しむくみ解消につながります。お腹に負荷がかかるので、妊娠中は控えましょう。
(3)もうひと仕事したいとき
寝る前に片づけなければならない仕事があるときなどには、熱めのお湯に浸かるのが効果的。42~43℃のお湯に短時間入ると、交感神経が刺激され心身の緊張が高まり、活動的な気分にしてくれます。のぼせてしまう危険性があるので、長湯はしないようにしてくださいね。
 
■あ~癒される!至福のバスタイムを叶える入浴剤3選
せっかくのリラックスタイム、ただのお湯に浸かるのはなんだか味気ないですよね。でも、入浴剤があれば効果や香りなどを、その日の体調に合わせて選ぶこともでき、もっと楽しいバスタイムになること間違いなし!
“一日の疲れも吹き飛ぶ”贅沢バスタイムに必須な入浴剤をご紹介します。
(1)ボーテ デュ サエ『ナチュラル パフュームド バスソルト(アンバーフローラル)』
2016年11月30日ボーテ デュ サエから、新しい香りアンバーフローラルのバスソルトが登場します。オリエンタルでスパイシー、そして爽やかさも融合した絶妙なバランス。まるで森林浴しているかのような香りが約5~6時間持続します。
ローズヒップ油やハチミツなどのうるおい成分が肌をしっとりさせ、ショウガエキスが身体を芯からポカポカに。また、オレンジ油が疲れや緊張をほぐし、カミツレエキスが肌の調子を整え良質な睡眠を助けます。ユニセックスな香りなので、男女問わず使用できるのも嬉しいポイント。(630g/3,400円<税抜き>)
(2)サボン『バスフォーム(2種)』
サボンでは、レギュラーアイテムの『バスフォーム』に、贈答用BOXが無料でつくサービスが2016年12月1日より開始されます。ワインボトルに入れられたスパークリングワインのようにオシャレな見た目は、ユニークで遊び心のあるお歳暮としてもきっと喜ばれるアイテム。
モコモコの泡と豊かな香りで、子どもから大人まで楽しめます。バスタブいっぱいに広がる泡は毛穴の洗浄にも効果的。リッチな香りに包まれながらゆっくりとお湯に浸かることで、心までも解き放たれるような優雅なバスタイムを叶えてくれます。(限定2種/700ml/各6,000円<税込み>)
(3)THREE『アロマバスセラム Y』
THREEからは、和精油“ユズ”のパワーが息づく冬季限定商品が、2016年12月7日に発売されます。その中の『アロマバスセラム Y』は、血行促進作用やさら湯の数倍もの保温効果があるといわれている、柚子風呂の効用を簡単に体感できるアイテム。
爽やかな柚子の香りをした乳白色のお湯に浸かれば、うるおいのある肌に整えてくれます。一日の疲れを癒しながら、入浴効果により身体の芯まで温め、ポカポカとした心地よさが持続します。(限定/150ml/3,800円<税抜き>)
 
バスタイムにいい香りや効果的に身体をリラックスさせてくれる入浴剤は、自分用はもちろん、ギフトとしてもぴったり! この冬は、心も身体も温まる入浴剤で癒されてみては?
 

【関連記事】
秋の夜長にこっそり女磨き!ドッサリ汗に美肌…「ごほうび入浴剤」3選
3種類あれば至福の「マイ入浴剤ブレンド」が叶う!魔法の成分とは…
何もしていません…はウソでした!「究極のすっぴんメイク」の裏技
5位アンダー以外、3位雪男状態!? 冬の「ムダ毛事情」意外な1位は…
2位皮むけより…マジかっ!男が落胆した「女性の手」1位がシビア

このページのトップへ