コレを摂れば“痩せられる”?ダイエット効果が期待できる成分のこと



「キトサン」に“脂質を体外に排出する成分”がある?

「糖質や脂肪の吸収を抑制する」成分が、実際にあると言われています。それらの成分を含んだ食事をしたり、サプリメントを摂ることによって太りにくくなるとしたらうれしいことです。そして、その成分のひとつに挙げられるのが「キトサン」です。
キトサンは一緒に摂った脂肪分を身体に吸収させずに、体外に排出する効果を持っています。体内に食事として脂肪分が入ると、消化のために胆汁が分泌されます。胆汁と脂肪分が結び合ってマイナス電気をまとった小さな油のかたまりとなります。
キトサンはとても有名な成分ですが、残念ながらそのままでは自然界に存在していないので、サプリメントなどから摂るしかありません。ほかにも、腸内の環境を整えたり、血圧やコレステロールの安定、免疫の向上などの効果があるので、ダイエットと健康のためにぜひ摂っていきたいですね。
脂肪を燃やす身体を作るキトサン


「グァバ葉ポリフェノール」の効果とは

「グァバ」はご存知でしょうか?熱帯や亜熱帯に生息していて、果実を食べたり葉をお茶にして飲んだりする植物です。グァバには、ビタミンCやビタミンE、β-カロテン、ポリフェノールなどが豊富で、美容と健康に効果的。さらに、腸内での糖の吸収を緩やかにする効果もあるのです。

グァバ葉ポリフェノールは、腸内でデンプンが糖質に変化する過程で消化酵素を弱めて吸収される糖質を少なくすることができます。血糖値が低いとインシュリンの分泌も減り、脂肪が燃焼しやすくなります。
グァバはお茶にもなっているほか、ダイエット用サプリメントにも利用されています。これらを摂りいれることで、食事をしても太りにくくなります。糖質の摂りすぎが気になる人にはおススメの食品です。
太らないカラダづくりを!


「ギムネマ」には二重三重のダイエット効果が!

ダイエットの強い味方になってくれる「ギムネマ」については、ご存じの人も多いのではないでしょうか?インド原産のハーブの一種で、葉を噛むと甘味を感じなくなる特徴があります。ギムネマもグァバに同じく、腸で糖の吸収を妨害する働きがあります。

小腸での糖の吸収を妨害すると、血糖も低くなりインシュリンの分泌量も少なくなります。血液中のインシュリン濃度が低い状態だと、脂肪が燃焼しやすくなるのでダイエットに役立ちます。
ほかにも、血液中の中性脂肪を蓄えにくくしたり、便秘を解消してくれたりと、二重三重のダイエット効果ががギムネマにはあります。ダイエットの敵である、便秘を解消することによって血行が促進され、代謝も上がることで脂肪燃焼が活発になるのです。
最強のダイエット効果…ギムネマ
糖質・脂質の吸収阻害成分を摂取することで、同じものを食べても吸収のされ方が変わってきます。それによって、ちゃんとダイエット効果が出るのです。太りやすい体質の人には、ぜひ試してほしい成分です。

【関連記事】
リラックス&シェイプUP!お風呂タイムにできる簡単「太ももダイエット」
“ついで”で痩せる!「通勤・通学時間」を活用する3つのエクササイズ
気になるけどコワいし高そう…。「脂肪吸引」のメリット&デメリットとは?
今夜は、就寝前に飛行機ポーズをしましょう。
明日の朝ごはんは、起きてから1時間以内に食べましょう。

このページのトップへ