赤ちゃんにアレルギーで蕁麻疹が出るときの原因・症状・対処方法

大切な赤ちゃんに蕁麻疹が出てしまった、という経験はありませんか? 大人でもかゆい蕁麻疹が赤ちゃんに出たらとても可哀想。今回は赤ちゃんに蕁麻疹が出るときの原因・症状・対処方法などについてお伝えします。
かゆくて辛い蕁麻疹。大人でも蕁麻疹が出るとムズムズ……掻きたくて仕方がなくなりますが、赤ちゃんに発症したらもっと大変です。赤ちゃんは肌が弱く敏感ですので、アレルゲンに反応しやすい身体。皮膚が弱い子やアレルギーを持っている子は蕁麻疹が出やすいのです。食べもの、動物、薬品……アレルゲンはたくさんありますが、大人は平気でも赤ちゃんにとっては刺激が強いということもありますので、注意が必要です。

蕁麻疹が出ると、赤ちゃんは我慢ができませんのでかゆかったら掻いてしまいます。掻いた傷口から細菌が入ってしまうと、炎症を引き起こしてしまうことに。炎症が起きてしまえば治るのにとても時間がかかりますので、それだけは避けたいもの。赤ちゃんに蕁麻疹が出てしまう原因を予め知っておき、その対処法を心得ておくことはとても大切なのです。

赤ちゃんが蕁麻疹になるとき

赤ちゃんは大人に比べて皮膚がとても弱く、敏感です。つまりちょっとした刺激で蕁麻疹が出てしまうこともありますので注意が必要です。

蕁麻疹が起こる原因として「アレルギー性」と「非アレルギー」のものがあります。アレルギー性のものとしては、食べものや食品添加物、動物や植物などが原因になります。非アレルギー性のものとしては摩擦や圧迫、日光、熱さ・寒さなどの物理的刺激によるものや汗をかいたりした時に発症することが多いです。

ですが、赤ちゃんはまだ自分で食べ物を食べたり、どこかへ出かけたりすることはありませんよね。では、どんなことがきっかけで赤ちゃんが蕁麻疹を発症するのでしょうか。
お母さんが食べた物
まだ母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合、お母さんが食べたものに蕁麻疹の原因があることが多いです。母乳をあげているうちは、アレルゲンの強い食べ物をあまり頻繁に摂取しないようにすることが大切です。離乳食を始めている場合は、市販のものに注意しましょう。市販のベビーフードはお手軽で重宝しますが、何が含まれているかしっかり確認することが必要です。
肌に触れる物が刺激に
食べ物以外でも、薬剤などが肌について蕁麻疹を引き起こすこともあります。洗剤が安かったからいつもとは違う洗剤で洗ったら赤ちゃんに蕁麻疹が出てしまった…という事例もあります。赤ちゃんの肌は敏感なので、衣類の残っている洗剤が肌に触れたり、刺激の強い洗剤を使ったりすると肌に刺激が加わり蕁麻疹を起こしてしまうことがあるのです。赤ちゃんの衣類を洗濯するときは、なるべく大人のものと分けること、洗剤は低刺激のベビー用を使うのがオススメです。

また、非アレルギー反応の蕁麻疹として、日光や寒さ・暑さなどによる症状もあります。寒暖差が激しい日に外にお散歩に出たり、陽射しが強い日中に日光浴をするのはオススメできません。もし外に出なければならない用事があるのなら、赤ちゃんの肌や体温を保護してあげられる服装を準備しておくと良いでしょう
蕁麻疹の種類
蕁麻疹には、アレルギー性と非アレルギー性のものがあります。それぞれの特徴について知っておきましょう。
アレルギー性蕁麻疹
アレルギー性のものとしては、食べもの、食品添加物、動物・植物、薬剤など。小麦や蕎麦、ピーナッツな卵はアレルゲンを含むものとして有名ですね。動物だと、猫アレルギーの人が多くいるように、毛が良く抜ける動物はアレルギーを引き起こしやすいと言われています。

非アレルギー性蕁麻疹

非アレルギー性のものとしては、日光や、寒暖差、衣類などによる強い摩擦、汗などがあります。赤ちゃんはまだ体温調節の機能が不十分ですので、外の気温の変化に順応できず、過敏に反応してしまうことが良くあるのです。
特に注意が必要な場合
蕁麻疹は身体中のどこにでも発症します。腕や首の辺りが一般的ですが、皮膚の薄い場所にも出やすく、まぶたや唇、喉や足の付け根などにも良く出ます。腕や足などの皮膚の広い部分に出る蕁麻疹はまだ対処しやすいですが、喉やまぶたなどに出来てしまうと、本人もかなりつらくなります。特に喉に蕁麻疹が現れると呼吸困難に陥ることもありますので、様子がおかしいと思ったらすぐに病院を受診しましょう。
蕁麻疹になる原因

蕁麻疹になる原因は、実にさまざまです。特定の食べ物や動物などに反応する場合もあれば、気温や気候、自然などに反応することも。蕁麻疹の原因はいったいどこにあるのでしょうか。
食べ物
赤ちゃんがアレルギーを持っている食べ物が分かっていれば、それに十分気をつけましょう。アレルギーを起こしやすい食べ物としては、メロンやスイカ、モモ、キウイなどの果物、小麦、そば、青魚、卵、落花生などが代表的です。もし両親にアレルギーがあったり、皮膚が弱いなど、アレルギーを起こしやすそうだな、と不安に思う場合は、アレルゲンの強い食べものは極力与えないようにしましょう。
動物
動物では猫アレルギーが有名です。猫アレルギーの場合は、猫の毛が付いたものに触れることはもちろん、猫がいた場所、飼っている人と接触しただけでも蕁麻疹が出てしまうことがあります。猫だけでなく、犬などに反応する人もいます。赤ちゃんがいるうちはペットを飼うのを我慢するか、すでに飼っている場合はペット専用の部屋を用意するのが良いでしょう。

また、実家や友人の家でペットを飼っている場合は遊びに行く際も長居をしないようにするなど、細心の注意を払いましょう。
添加物
洗剤や柔軟剤などに入っている添加物、薬品なども蕁麻疹の原因になります。特に肌が弱く敏感な赤ちゃんにとって、刺激の強い洗剤や柔軟剤、薬品は大敵です。赤ちゃんの衣類は赤ちゃん用の低刺激の洗剤を使って、大人のものとは別で洗濯するのが良いでしょう。
寒暖差・気温差
非アレルギー性の蕁麻疹として、寒暖差蕁麻疹があります。日中は暖かくても夜に急に冷えこんだ場合、また、冬に暖房で暖かくした部屋から雪の降っている外に出た場合など、急激な温度の変化に身体が対応できずに蕁麻疹を引き起こしてしまうことがあるのです。

特に赤ちゃんの場合は、まだ身体の機能が十分に育っていません。体温調節も然りですので、あまり気温差が激しくなるような状況は避けるように大人が気をつけてあげましょう。

日光
皮膚が弱い人に多いのが日光による蕁麻疹です。赤ちゃんの場合は、まだ日光に慣れていませんので、あまり陽射しが強い日には外出を控えた方が良いでしょう。夏でも薄い長袖を着せて紫外線を遮断したり、ベビーカーの日よけを利用するなど、直射日光には十分に気を付けましょう。

赤ちゃんは皮膚がとても敏感なので、身に付けるものはいつも清潔にしておく必要があります。特に汗をかいたまま長時間放っておくと、汗が刺激になって蕁麻疹を引き起こしてしまうことがあります。夏は汗を小まめにふき取る、頻繁に着替えをさせるなどの対応が大切です。
蕁麻疹の症状

強いかゆみ
蕁麻疹は、強いかゆみを伴う症状です。大人でも我慢できないくらいのかゆみですから、赤ちゃんや子どもに発症したらたまったものではありません。特に赤ちゃんは我慢することができませんので、かゆければ掻いてしまいます。掻きむしってしまうと、傷口からバイ菌が入り炎症が起きてしまいますので注意が必要です。蕁麻疹が出てしまった場合は、万が一赤ちゃんが掻いても傷が付かないようにミトンを装着するのが良いでしょう。
地図状の膨疹
かゆみのほかに蕁麻疹の特徴的な症状としては、膨疹です。皮膚の一部に紅斑を伴う皮膚の盛り上がりが現れ、時間がたつと消えていきます。最初は赤い「ポツ」っとした膨らみですが、次第にその膨らみが増えていき、最終的には「膨疹」と呼ばれる皮膚の盛り上がりになるのです。この「膨疹」は、症状によってさまざまですが、ひどい時には10cm以上の地図状の盛り上がりになる場合もあります。

症状が重いと、次々と膨疹が現れ、身体中が腫れ上がってしまうことも。また、唇や瞼など、皮膚の薄い場所にも蕁麻疹が現れてとても痛々しい状態になってしまいます。

蕁麻疹の対処方法

蕁麻疹は突然発症することが多いので、慌ててしまうことも多いですよね。蕁麻疹の対処方法を知っておくことで、いざというときでも落ち着いて対処できます。

蕁麻疹が出てしまったときは、まずは患部を冷やし、横になって落ち着きましょう。アイスノンをハンカチやガーゼで包んで患部に当てたり、水で冷やすのも良いでしょう。温めると血行が良くなってしまい余計にかゆくなってしまうので、決して温めないように注意してください。また、刺激がかゆみを引き起こしますので、衣類や髪の毛などが患部に触れることがないように、注意を払いましょう。

応急処置をしたら、できるだけ早く医師の診察を受けることをオススメします。最初はちょっとした蕁麻疹だと思っても、それが重篤な症状につながってしまうこともあります。必ず医師の診察を受けることが必要です。

対処療法としては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方されることが多いでしょう。蕁麻疹の原因となるものを除去することが一番の治療法ですが、原因となる物質に触れてから症状が出るまでに時間がかかってしまうこともあり、そうなると原因物質の特定が難しくなってしまいます。病院でも、「おそらく、これかな? 」というような伝え方をされるかと思います。何回も蕁麻疹を繰り返している場合は、過去の状況を振り返れば原因を特定しやすいかもしれませんね。

赤ちゃんの場合は、保護者がかゆみ止めを塗ってあげることになります。薬を塗る時は、患部を刺激しないようにそっと薬を付けるように塗るようにしましょう。こすったり、患部を触ったりするとかゆみを誘発してしまいます。また、赤ちゃんの手が届く部位に薬を塗るときは、赤ちゃんが薬を触って口に入れてしまわないように、十分に注意しなければいけません。

まとめ

蕁麻疹はとてもかゆみが強い症状なので、発症するとかなりしんどいものです。特に赤ちゃんの場合は自分で「痒い」と言えません。突然泣き出したり機嫌が悪くなってから、ママも初めて気づくことが多いですよね。もし蕁麻疹に気付いたら、できるだけ早く医師の診察を受け、治療を受けてください。一番必要なのは原因物質を取り除くこと。じんましんが出た前後の状況を良く思い出して、医師に伝えることが大切です。また同じ思いを赤ちゃんにさせないためにも、できるだけ正確に原因物質を特定したいものですね! 

関連リンク
お宮参りでママの服装は? 選び方と春夏秋冬別スタイルの紹介 | マイナビウーマン
赤ちゃん(新生児〜乳児)がかかりやすい病気とその症状 | マイナビウーマン
いつから大丈夫? 産後のセックスを再開するきっかけと痛みへの対策 | マイナビウーマン

このページのトップへ