「小説 > ファンタジー」の新着記事

  1. ファンタジー物語のような詩のような歌詞のようなよくわか...

  2. 夕ざりの茶事 というお茶会に参加してきました。言葉だけ...

  3. 毎回違うメニューの屋台。それがほたる食堂。そのほたる食...

  4. 「知花」コハクは知花の頬にキスしながら囁く。「一緒に逃げ...

  5. 何をしてもコハクがもう止まらない事は、コハクと意識を共有状態...

  6. きっと、もう待てない。そういう表情に感じて、知花はせつなくな...

  7. コハクの重心が移動し、知花の耳を甘噛みして囁いた。吐息混じ...

  8. 「・・・!」冷たい指先に鎖骨を撫でられ、胸のアザを確認した...

  9. 「んんっ・・・」「おまえ、俺のこと好きだろ。そんな心音が聞...

  10. 「そろそろ時間だな・・・」薄暗い船倉にコハクの呟きが響く。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3