私の人生のポツリ

シャロン☆からアリエルに改名しました。 昼ドラのようなホントの話を綴っていきます。

  • 記事数 84
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 14

祖母宅へ

しおりをはさむ

2013/08/28 03:06:11

  • 1
  • 0

クラス分けテストの結果は入学式しか分からないので、ひとまず合格したことを義祖母へ報告へ行った。

義祖母は私の高校が戦前、女学校だったときの卒業生だ。

義叔母’sがいてイヤだったが、「おばあちゃんと同じ学校に行くことになったよ!」
私が笑顔で報告すると、祖母は「そうか」とだけ言った。

「おばあちゃんに恥かかせんといてな!」
後ろから声が飛んでくる。

それには答えないでいると、後ろでごちゃごちゃと何か言ってた。
覚えてはないけれど、いつもの悪口とイヤミだったと思う。


恥かかせるも何も…50歳上のおばあちゃんに向かってどうしろと?…めんどくさい…
だから、ここに来るのイヤだったんだよね。。

ため息をつきながら、母と義祖母宅を後にする。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「仲良しの子と同じクラスになれると良いね。じゃ、おばあち...

  2. 中学校もあまり覚えてない記憶に残る思い出があまりなかったか...

  1. 家がもぬけの殻だった事を私は、叔母から聞いた…。叔母は...

  2. ユキのクラスでも進路希望の提出があっただろうけど、その話はど...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/29 編集部Pick up!!

  1. 夫の子どもが欲しいと思わない妻
  2. 名付け候補は飛梨香で「ぴりか」
  3. 日本語が理解できない相手に苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3