アンナblog

本当の私ってどれ? この愛は真実か偽物か この幸せは? 自分を忘れた私のお話...

  • 記事数 15
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 14

-失語症-

しおりをはさむ

2013/08/27 18:43:08

  • 2
  • 0


謎の家にきて2回目の明るいとき
(もうこの時は今が何時なのかわからず)

男は休みなのか出掛けなかった

内容は全く記憶に残ってないんだけど
男が何か私に聞いてきた。

声が出ない私は答えることができず

男が首を傾げる。

TVの近くにおいてあった紙ナフキンの様な
ものにそこら辺に落ちているペンで

声が出なくなったんだけど。

と書いて渡してみた。

もう、方法が何も思い付かず
結果、男に状況報告....
状況を知れば帰れるかもとウッスラ思った。
(今思うと母親らしき女性もいたはずなのに
男に話すとは...(--;))

紙を見た男は、まじ?みたいな
どこかアタフタしたまま何時間かたったろうか

男に行くぞ!と言われその家を
出るときがきた。

やっぱりだ、ヤバイ物は不必要。
好き好んで声を失った女を側に置いておく
理由がないもの。原因は自分と
思えば尚更いらない。

そして、何日か前に拾われた場所で
私はまた捨てられたー

その後、帰宅するも
連絡なしに数日家をあけた私を
怒鳴る母親に、何も言えない、
声の出ない私はとても小さくなって...

翌日は仕事へ出掛けた。

やっぱり私は何でもないふりをした。
笑顔を作った。にこにこにこにこ

この時、声が出ない私は
一生懸命笑顔でウンウン、と相づちしたり
喉が痛くて声がでないの!風邪かな?(笑)
と紙に書いて見せたり、

何もない、何もなかった

悲しいを笑顔に変えて失語症との
戦いがはじまったんだ。







同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 入院中、実はこっそり男友達が見舞いに来た。今の主治医を...

  2. 指差し

    2015/10/23

    昨日から絵本をみて、その絵本のどこかをマグネットボードに書...

  1. 今日は、35歳くらいから40代のパーティーだった。そこで...

  2. 黒ちゃんの。母親が、亡くなりました。黒ちゃんは、タ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3