アンナblog

本当の私ってどれ? この愛は真実か偽物か この幸せは? 自分を忘れた私のお話...

  • 記事数 15
  • 読者 8
  • 昨日のアクセス数 2

-初体験はレイプ-

しおりをはさむ

2013/08/26 12:24:52

  • 2
  • 0

中3の学校の帰り道..
最寄りバス停からそんなにかからない道のりを
歩いて帰宅中、
ラブホ街にある自宅までには
数件のラブホを通りすぎなければいけない。

冬でちょっと暗くなりつつあったその日
一方通行の道から車が一台出てき、
私の前へ止まり行く道をふさいだ。

ここからはもう一瞬の出来事

運転してる男以外の男達2人が降りてきて
口をふさぎ抱えあげ車に乗せる。

私を無理やり乗せた車は近くの
高架下の広場に止まる。

車の中に居た人達は
凄くシンナー臭く、ラリってる記憶。

そして私は幼馴染みの彼とはHは
やっておらず、性的虐待時の行為も
入れる所はしておらず、

初体験はシンナー臭い知らない
奴らにまわされて奪われてしまった。

泣けない私は声も出なくただただ
放心状態でどこを見ているかもよく
わからず、力も入らず、ただのお人形。

一通りの行為を終え車から捨てられた。

しばらく動けず座っていて
色々動かない頭を使っていっぱい考えた。

1、警察に...?
きっと色々具体的に聞かれてダメだ..
2、親に家族に...?
余計な心配かけたくないしダメだ..

結果、私はまたもや普通を演じて
何もなかった様に笑顔を無理やり作って
家へ帰った。

玄関を入り母が
遅かったね、遅くなるなら連絡しなさい!
と怒鳴るのをグッと我慢して聞き
ちょっと転んだから先シャワーあびてくる。
だけ言ってシャワーへ。

シャワーを浴びながら今更震える体が
そこにあり、恐怖心が襲ってくる。

お風呂場で何度も深呼吸をして

また私は何もなかった様な人に戻った。

でもそれ以降あの道の近くになると
どうしてか呼吸がくるしくなる感覚が。

それでも平然を装い中学は卒業。

その後試験等のない専門学校へ
入学するも2ヶ月でやめ、16歳で社会人へ。

そんな社会人になった私を更に襲う事件が。

次第に私は心をなくす...

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 「クリスマスに欠かせない物」
  2. 愛が一気に冷めた「夫の発言」
  3. 姑「夫が風邪引くのは妻のせい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3