私の人生のポツリ

シャロン☆からアリエルに改名しました。 昼ドラのようなホントの話を綴っていきます。

  • 記事数 84
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 19

2013/08/23 00:15:31

  • 1
  • 2

その時の私には何もかも必要で、何もかもいらなかった。

Mと過ごした時間は、感謝で一杯だ。
でも、未来がない…

進学するにしても他県だ。
就職しても他県だ。
結婚するかどうかではなく、一緒にいても私の勝手で振り回すことにしかならない。

その時まで付き合って、時期が来たら別れるなんて、Mにとっては意味がない。

数日後、Mに「私ら別れよ。好きだけど、未来は絶対に重ならない。Mの時間を大事にして欲しい。」と言った。

精一杯強がったけど、涙が出た。

Mは“イヤだ!”と言いながら、抱きしめてきた。 

それをふりほどきながら、私は“ごめん”だけ残し、逃げるように帰った。

次の日もその次の日も、私はMの家へは行かなかった。

一週間後、帰宅途中にMが待ち伏せしていた。
私たちは泣きながら話し合った。

そして、友達に戻ること・私が自傷行為をやめることを条件に別れた。

“ありがとうM。ごめんM。”という私に、おどけて“やめろやー!今生の別れじゃあるまいし”と言ってきた。

こういう所が好きだったんだな。。


ありがとうM。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. アリエルさん(37歳)ID:59957・2013/08/23

    優しくて、喧嘩なんてらしたことなかったです…
    でも、後日談があります(^◇^;)

  2. アルバさん(37歳)ID:59519・2013/08/23

    いい彼氏と出会ってたんですね^ ^

関連するブログ記事

  1. 私は大好きなMに別れを告げた。もうこれ以上限界、、、...

  2. 涙…

    2015/05/15

    家出をして1週間たったお昼…お昼過ぎに学校から帰ってきた...

  1. それは絶対に見たくなかった雑誌だった。そう、Mとインタビ...

  2. 〜397章〜M

    2014/08/24

    Mとはちょくちょく2人で一緒に遊びに行ったり、ご飯を食べに行...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 彼氏に愛されている実感が無い
  2. 買い物カゴに私物を入れていたら
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3