夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2679
  • 昨日のアクセス数 158

2013/08/19 23:59:05

  • 47
  • 0

嫌な予感がして、
嶋田さんを押し離した。


プールサイドに見えた人影は消えていた。




誰かに見られたかもしれない。


そんな恐怖でわたしはいっぱいになった。


嶋田さん
「どうかしたの?」



わたし
「誰かに…

誰かに見られている気がしたんです。」








嶋田さん
「気のせいだって。


お、そろそろ午後の準備をする時間かな…


下降りよっか。」

嶋田さんはさらりと流した。

でもわたしには確かに誰かに見られてる、
そんな気がした。
プールサイドに絶対誰かいた。







コーチ室に戻ると、
あやと清田さんが話をしていた。


あやがわたしを見つけると手を振った。
力のない振り方だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. 誰か。お願い。1人じゃ死にきれないから、誰か殺してくださ...

    自叙伝

    • 0
    • 0
  1. 最後

    2013/08/12

    わたしは薄々気づいていた。森田さんがあやの事嫌っていること...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 育児放棄や虐待するのが怖い妊婦
  2. 託児グセある姉に「勘弁して」
  3. 彼の仕事がバイトで別れを考える

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3