私の人生のポツリ

シャロン☆からアリエルに改名しました。 昼ドラのようなホントの話を綴っていきます。

  • 記事数 84
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 19

2013/08/15 04:14:58

  • 0
  • 0

Mと“最後に思いっきり遊ぼう!”と言い合って、私も仲の良いJ先輩の家へ行った。

先輩は、笑いながら今までの経緯を話す私を見て、“そんな辛かったんやな。笑ってしか話せんのやろ?”と言った。

確かにそうだ。笑いながら話していた。
どれだけ辛かったなんて分からなかった。
恥ずかしくてごまかしているだけだと思ってた。

その言葉を聞いて、私は笑いながら泣いていた。

なんで泣いてたかわからない。。
ずっと胸の真ん中がチリチリしていた。
ずーっと蓋をしていた気持ちが溢れた。

寂しかった。
辛かった。
悲しかった。
悔しかった。

…寂しかった。

ずっとどこかで、“私はいらない子”と思ってた。
愛される“いい子”でいたかった。
普通の家庭に、親族の中に生まれたかった。

母がいなければとうに壊れていただろう。

そんな気持ちをずっと押し殺していた。
それにいつの間にか耐えられなくなっていた。

父に足首を持たれて二階から引きずり降ろされ、首を絞められた事はキッカケだった。

私は静かに泣いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先輩の名前はリカっていう。私より身長が10センチくらい高...

  2. しかし、ホワイトデイは何も音沙汰はなかった。そして、のの...

  1. ぽたっ突然、腕に雫が落ちた。「せんぱい?...

  2. 次の日、まったくねれなかったのもあって気が重たいまま家を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/27 編集部Pick up!!

  1. 被害者なのに金を払おうとする夫
  2. ジェネリック薬品を避けたい理由
  3. この時期のスカートは気をつけて

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3