夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2675
  • 昨日のアクセス数 308

2013/08/15 13:14:52

  • 45
  • 0

あや
「今日はもうお家帰りたいな〜。」

そんなネガティブ発言をするあやだが、
午前のクラスが始まるため2人で
受付の方へ歩き始めた。




ーこころちゃん!


その時、
ふと後ろから声を掛けられた。



振り返るとそこには、
こどもを水泳教室に通わせていた
大学で授業のアシスタントをしていた伊藤さんがこどもを連れて立っていた。




わたし
「あ!
おはようございます!


伊藤さん、お子さんですか?」



こどもは照れて伊藤さんの後ろに隠れた。

伊藤さん
「そうなんです!

大樹です。
小3なんですが、照れ屋で。」



わたし
「大樹くん、こんにちは。

こころです。」

大樹くんはうつむいていたが、
軽くお辞儀をしてくれた。






伊藤さん
「じゃあ、
今日も教室よろしくお願いします!


大樹、行くよ!」


そう言って、
伊藤さんと大樹くんは集合場所へ
歩いていった。





周りに子どもがいる人って、
同級生とか先輩にもなかなかいなかったため
普段の伊藤さんとは別の親としての顔をみて、
すごいな〜と思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先生の顔

    2013/08/16

    受付に向かって歩いていくと、もうすでに受付は子どもたちで...

  2. 登校初日にはまず、クラスごとのオリエンテーションがあった。...

  1. 始まり

    2013/07/17

    あやが受付で用件を伝えた後,2人でガラス越しにプールの様子...

  2. 決心

    2015/04/29

    大樹は、何度かあたしに優しいキスをした。その度に、キ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/24 編集部Pick up!!

  1. お土産の催促をする図々しい友人
  2. 仕事やめて超絶ニート2ヶ月目
  3. 不倫する女性は日本から出て行け

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3