王様の耳はウサギ

恋の最中はどん底でも、終われば楽しかった思い出。そんなの嘘。片思い多しのブログ

  • 記事数 204
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 13

2013/08/11 14:43:27

  • 1
  • 0

雨がいつの間にかザーザー降ってて


浅野さんの肩が濡れているのがわかった



濡れちゃいますよ、もうすぐそこなんで、あたし走りますから!今日はありがとうございました!



そう早口でいい終わったとき




肩をグイっと近くに寄せられた





こうすれば2人とも濡れないね




あたしも女の中では身長の高いほうだが、浅野さんはもっと高かった



念願の胸に顔をされて(今まで自分より頭一つ大きな男の人がなかなかいなかった)




浅野さんもドキドキしているのが伝わってくる



雨のニオイと浅野さんのニオイ




不意に浅野さんが立ち止まる




なんで嫌がらないの?




えっと、それはあなたがイケメンすぎて、ワンナイトラブ的な感じでもいいかなぁと思っているからです




とは、言えず





黙って、見つめていると




あたしの肩に置いた手にぐっと力が入り、浅野さんの顔が近づいた





キスするか、しないか寸前のとこで、何故かまたもや顔を離し、




あ、あそこタクシーいるね





と言って、足早に歩き出した

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 雨の中…

    2016/01/23

    エントランスで待っていたのはいまちゃん。『お願い...

  2. Candy。

    2014/06/22

    あなたがそこにいつもいるようでふりむくと初夏の風...

  1. 雨の日に思い出すバーの帰り道ひとつの傘にふたりで入...

  2. ♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3