王様の耳はウサギ

恋の最中はどん底でも、終われば楽しかった思い出。そんなの嘘。片思い多しのブログ

  • 記事数 204
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 110

振られた理由

しおりをはさむ

2013/08/11 00:44:28

  • 1
  • 0

成人式からさらに二年後



地元の大学を卒業して、あたしは地元で働きだした





ある九月の雨の日


台風がやってきてた





あたしはバスならまだ帰れるかなぁと、バス停で1人帰りのバスを嵐の中待っていた




雨の中、見覚えのあるシルエットがこちらに向かってくる




まさかとは思ったけど、洋平君だった





ビショビショに濡れて




しかめっ面で、時刻表を見てる



雨に濡れてもかっこいいなぁと思っていると目があった




久しぶり




ぎこちなく、あたしが言う




無言の洋平君




覚えてる?っとさらに、いうと





もちろん。一緒に月も星も見たね




っと、笑った




なかなか来ないバスを2人で小さな停留所のベンチに腰掛け待った




待ってる間にどちらからともなく、この四年間のことを話しだした





同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 378

    2016/02/13

    あたしは、以前ナツが留学していた時の話を思い出した。...

  2. そうなんだでも、あたし、バンダナ君とは付き合ったの...

  1. 青恋 22

    2014/02/26

    「だってヒデちゃん、あたしのこと避けてるんだもん。目が合...

  2. 罠3

    2013/08/11

    雨がいつの間にかザーザー降ってて浅野さんの肩が濡れてい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3