王様の耳はウサギ

恋の最中はどん底でも、終われば楽しかった思い出。そんなの嘘。片思い多しのブログ

  • 記事数 204
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 32

振られた理由

しおりをはさむ

2013/08/11 00:44:28

  • 0
  • 0

成人式からさらに二年後



地元の大学を卒業して、あたしは地元で働きだした





ある九月の雨の日


台風がやってきてた





あたしはバスならまだ帰れるかなぁと、バス停で1人帰りのバスを嵐の中待っていた




雨の中、見覚えのあるシルエットがこちらに向かってくる




まさかとは思ったけど、洋平君だった





ビショビショに濡れて




しかめっ面で、時刻表を見てる



雨に濡れてもかっこいいなぁと思っていると目があった




久しぶり




ぎこちなく、あたしが言う




無言の洋平君




覚えてる?っとさらに、いうと





もちろん。一緒に月も星も見たね




っと、笑った




なかなか来ないバスを2人で小さな停留所のベンチに腰掛け待った




待ってる間にどちらからともなく、この四年間のことを話しだした





同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. たくさんのひと並ぶバス通りボクの町唯一の公...

  2. 今日は珍しく寝坊しなかったので大学の最寄駅にいつもより早く...

  1. バスルームにはバブルバス用の入浴剤が置いてあった。広目...

  2. 教習所に行くとを決めた翌日には入学手続きを済ませた。どん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 「王様」を「おおさま」と教わる
  2. 子宝に恵まれず離婚しました
  3. 会費制の披露宴 金額に驚いた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3