王様の耳はウサギ

恋の最中はどん底でも、終われば楽しかった思い出。そんなの嘘。片思い多しのブログ

  • 記事数 204
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 29

振られた理由

しおりをはさむ

2013/08/11 00:44:28

  • 1
  • 0

成人式からさらに二年後



地元の大学を卒業して、あたしは地元で働きだした





ある九月の雨の日


台風がやってきてた





あたしはバスならまだ帰れるかなぁと、バス停で1人帰りのバスを嵐の中待っていた




雨の中、見覚えのあるシルエットがこちらに向かってくる




まさかとは思ったけど、洋平君だった





ビショビショに濡れて




しかめっ面で、時刻表を見てる



雨に濡れてもかっこいいなぁと思っていると目があった




久しぶり




ぎこちなく、あたしが言う




無言の洋平君




覚えてる?っとさらに、いうと





もちろん。一緒に月も星も見たね




っと、笑った




なかなか来ないバスを2人で小さな停留所のベンチに腰掛け待った




待ってる間にどちらからともなく、この四年間のことを話しだした





同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そうなんだでも、あたし、バンダナ君とは付き合ったの...

  2. 横顔

    2013/08/05

    授業を抜けて、走って海に向うたった二週間会ってないだけ...

  1. 時効

    2013/08/11

    洋平君の話す四年間はまったくあたしに関わりのないことで、...

  2. 後日談2

    2013/08/07

    この後、あたしは心が荒んで自暴自棄になるもちろん、振...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/26 編集部Pick up!!

  1. 「裁判終わったら求婚する」と彼
  2. 近所で目撃した浮気現場の末路
  3. 車で追突されても警察届けない母

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3