夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2674
  • 昨日のアクセス数 31

2013/08/11 10:20:48

  • 37
  • 0

「大丈夫ですか?」

わたし達は駆け寄った。




森田さん
「大丈夫。

ちょっと立ちくらみがしただけ。


ねぇ、清田さん呼んで来てもらえる?」


森田さんはそう言った。




あやが走って清田さんを呼びに行ってくれた。
その間、わたしは森田さんに付き添った。





森田さん
「ねぇ、こころちゃん。

昨日石阪とご飯行ったんだって?」

森田さんはわたしの方を見た。



わたし
「あ、はい。

たまたまパチ屋で会ったので…




すみません。」


森田さんは石阪さんの彼女。

その石阪さんとご飯に行ったのだから、
なんだか悪い気がして謝った。





森田さんは笑った。

森田さん
「別に、気にしないで。

全然いいの。
石阪がこころちゃんはいいこだったって
話してたから。」



わたしは怒られると覚悟していただけに、
驚いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 森田さんのことを少し理解出来たけれど、今度は石阪さんのこと...

  2. 冗談

    2013/08/07

    わたしはこの日結局スロットでかなり勝った。まさかこんな...

  1. 石阪さん「俺、結構頑張ってきたんだけどな。」...

  2. わたし「肩がバキバキっす!自分〜。昨日の残業のせいっす!...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/28 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. お土産の催促をする図々しい友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3