夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2666
  • 昨日のアクセス数 42

背中を押せたら

しおりをはさむ

2013/08/05 18:32:33

  • 43
  • 0

あやは本気だった。
その表情をみたら、
もうこれ以外掛ける言葉はない。


わたし
「そっか。

じゃあ、あやらしく直球勝負だね。

頑張って!」




あや
「ありがとう!

こころ、いつも背中押してくれてありがとう。

早速メールしてみる!」





あやがアパートに入って行くのを見て、
わたしは車を走らせた。





嶋田さん,どうするんだろう?
また,わたしに何か要求するのかな?




モヤモヤした気分を切り替えるために,
わたしは彼氏の影響で数回行ったことのあった
パチンコ屋へ向かった。


一人で行くのは初めてだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. とりあえずわたしは玄関をあけた。忘れ物…何かしたかな?...

  2. 420.再会③

    2015/10/10

    わたし「ってかこの辺に越してきたの?」えいじ「うん。異動...

  1. 妥協案

    2016/10/22

    タツヤ「分かった、じゃあ一ヶ月付き合ってみて俺のことを知って...

  2. みなさんこんばんは、コノハです♡いつもみたよ、や共鳴、読...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3