王様の耳はウサギ

恋の最中はどん底でも、終われば楽しかった思い出。そんなの嘘。片思い多しのブログ

  • 記事数 204
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 33

2013/08/02 17:08:03

  • 1
  • 0

そんなことを妄想しながら、待ってると


田舎町にまったく似合わない黒塗りの高級車が私の前に止まった


不信げに見つめていると、これまた黒塗りの窓が下がった



ごめん、遅くなった!後ろ乗って!



ん?



自転車じゃない



彼は助手席



じゃあ運転してんの誰?と思いつつも乗り込むあたし



すみません、わざわざ迎えに来ていただいて


言いながら乗り込む



いいんすよ!ぼっちゃんが女連れて来るのなんて久しぶりっすから!



ん?



お兄さん?


ではないよね。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 当時はスーパーの駐車場もゆるゆるで、何時でも入れるし、出ら...

  2. 一樹と私の家の中間あたりの駅で待ち合わせた。私は電車。...

  1. メグと、約束した土曜日…夜7時ちょっと前に着くように駅...

  2. 前回彼に会ったのは1年以上前。その時はまだ彼には子供はい...

    一歩ずつ

    • 115
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/27 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3