夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2674
  • 昨日のアクセス数 64

同情それとも

しおりをはさむ

2013/08/04 17:50:18

  • 36
  • 0

森田さんのことを少し理解出来たけれど、
今度は石阪さんのことが気になった。

わたしたちにに優しくて、
ちょっとお茶目な石阪さんが可哀想に思えた。

わたし
「でもさ、

なんか石阪さんかわいそう…

酔った森田さんを介抱してたり、
献身的だったし。」



あや
「まぁね。

あれはちょっとかわいそうだなぁ。

何?こころ同情してるの?
それとも気になる?」



わたし
「じょーだんきついってば。」


わたしは確かに石阪さんのことは
可哀想だとは思ったけど、
それ以上の感情は全くなかった。





わたし
「…でも。

石阪さん、この事知ってるのかな?」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたし「うん。そうだよ」えいじ「だよな!ごめんなこんなこ...

  2. ゲスキワの私以外私じゃないのが頭からはなれねーっす。サ...

  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    8/22 編集部Pick up!!

    1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
    2. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
    3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3