LOVEandSEX LIFE…♡

心から愛してた…彼と私のSEX記録…♡

  • 記事数 505
  • 読者 4005
  • 昨日のアクセス数 719

雨の日 おうちデート…51

しおりをはさむ

2013/07/31 15:03:00

  • 5
  • 0

「…声出したらダメだからね?」


耳元で彼が囁いた。


わたしはただ黙って、こくりと頷いた。


彼「じゃあ…柵に手ついて?」


彼に言われるがまま、わたしはベランダの柵に近づき、手をついた。


いざこうして立ってみると、
誰かに見られているんじゃないだろうか…
そんな気分になった。


でもそれは不安ではなくて、
なぜだか不思議と解放的に感じた。



彼はわたしを後ろから抱いて、
Tシャツの上から片方の手で胸を、もう片方の手でお尻を撫で回した。


私「んっ……ぁっ…」


我慢しようにも、自然と声が漏れ出す…。


そのとき、彼がわたしの耳に口をつけて囁いた。


彼「もしかしたら、誰かに見られてたりしてね…?」


彼の意地悪な言葉に一気に顔とアソコが熱くなった…。


私「もぅ……変なこと、言わないでよ………」

彼「フフ…」


彼は意地悪気に笑って、
パンティーの上に指を這わせた…。



つづく…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたし「…そっちは、だめ。 …お願い、。」...

  2. わたしが絶頂に達しそうになったところで彼は突然動きを止めた。...

  1. 彼は部活着のTシャツの中に手をいれわたしの胸を触りだした。...

  2. 彼「お前の胸、俺本当に好き。ずっと触れたかった。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 義母に人格否定されていて悲しい
  2. 若い上司と仕事するのが辛い
  3. 過疎化が激しい地域で悩む子育て

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3