夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2691
  • 昨日のアクセス数 42

午後のクラス

しおりをはさむ

2013/07/31 20:51:20

  • 45
  • 0

午後もわたしは平泳ぎを教えた。

最初は,プールで体を動かすために
ジャンプや鬼ごっこ。



それが終わるとUPメニューとして、
ビート板バタ足
クロール
背泳ぎ
を各自でやってもらう。



UP後は陸上にあがって、
足のトレーニングをした。
平泳ぎは足がかなりくせ者。

ビート板にお腹を乗せ、
それぞれ平泳ぎのキックをしてもらう。



わたしが午後担当したクラスには、
ボス的存在がいた。
ゆうくん。中学1年。
絵に描いたようなぽっちゃりくん。

そのため,腰が浮き上がり,
キックが水面に出てしまう。
また脂肪が邪魔してキックの形がそもそも出来ない。笑


彼は自分が体が人より大きい、
という認識をしているらしく、
周りの小学生にあれこれ命令をしていた。



と、いってもビート板もってこい!
とかお前が先いってくれよ!
などの可愛い命令。


わたしは彼がこの教室の数日間で
平泳ぎを卒業出来るかどうかが
このクラスでの一番の難点だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. スーパーでイラッとした親子
  2. 「生体販売の実情」知って複雑
  3. 電車の席譲らない人に逆ギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3