愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 128
  • 昨日のアクセス数 5

ホテルの夜6

しおりをはさむ

2013/07/30 23:16:18

  • 1
  • 0

速水さんは

私の頭を抱えるようにして

激しく腰を動かす。

私は

速水さんの肩に顔を埋めて声を抑える。

呼吸が少し苦しい。

私は、苦しいとイク。

自分でする時も

わざと息を止めたりする。

だから、この体制だと

すごく感じる。

「んっ、んっ、んーっっ!」

「どしたの…?…イク…?」

私は、頷く。

「…じゃあ、、一緒にいこ…」

速水さんは、さらに激しく突いてくる。

「んっ、んっ、イクっ…イッちゃうよぉ」

「お、俺も…」

二人同時に果てた。


同時にイケると

すごく嬉しい…。



もう

帰らなくちゃいけないな…



同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「もう、余裕ないから…」って言うと、一気に奥まで挿れてき...

    恋愛中心

    • 184
    • 0
  2. 真人の上に重なると、いつ脱いだのか下は何も履いてない状態 笑...

  1. ゆっくり智也が入ってきた。『あ…///』智也『…っ』...

  2. 急に彼にねじ込まれた瞬間一瞬動けなくなるが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/23 編集部Pick up!!

  1. 横柄な警察官に鼻で笑われた
  2. 身近にいる意識高い系女子が痛い
  3. 独女33歳 焦りと不安で自己嫌悪

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3