愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 125
  • 昨日のアクセス数 11

ホテルの夜6

しおりをはさむ

2013/07/30 23:16:18

  • 1
  • 0

速水さんは

私の頭を抱えるようにして

激しく腰を動かす。

私は

速水さんの肩に顔を埋めて声を抑える。

呼吸が少し苦しい。

私は、苦しいとイク。

自分でする時も

わざと息を止めたりする。

だから、この体制だと

すごく感じる。

「んっ、んっ、んーっっ!」

「どしたの…?…イク…?」

私は、頷く。

「…じゃあ、、一緒にいこ…」

速水さんは、さらに激しく突いてくる。

「んっ、んっ、イクっ…イッちゃうよぉ」

「お、俺も…」

二人同時に果てた。


同時にイケると

すごく嬉しい…。



もう

帰らなくちゃいけないな…



同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 真人の上に重なると、いつ脱いだのか下は何も履いてない状態 笑...

  2. いざ

    2015/01/26

    ちひろは、私のことを四つん這いにした。…なんかこの体勢不...

  1. 気付くと私から腰を動かしていた……私の動きに合わせて...

  2. 「よしっ!ミユキちゃんに入れよーっと。」そう言うと、陸は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3