夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2691
  • 昨日のアクセス数 48

2013/07/29 16:02:56

  • 33
  • 0

あやはパットを取った水着に着替え、
わたしに不安そうな顔で言った。

あや
「わたし変じゃない?

大丈夫かな?」



わたし
「大丈夫だと思うけど…

やっぱり心配なら着けてもいいんじゃない?」




あや
「なら、いい!

今日一日だけ。我慢する!

ねぇ、
帰りに水着買いにいきたいから
一緒付き合ってよ!」

あやは元気に言ったので、
わたしも安心して頷いた。




集合時間になると、
受付はこども達で溢れかえっていた。

○○コースはここですよー!

担当の先生がそれぞれこども達を
誘導し、列を作らせた。




わたしも他の先生方を真似、
必死に声を出した。

列が出来てきたところで、
出欠を取り、その場に座らせた。

何とか一つのミッションが終わったと
ホッとしていると、
何だかただならぬ視線を感じた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そんな時。誘ってくれた友達あやが,サークル後わたしの肩を...

  2. 初日

    2013/07/29

    水泳教室初日はとにかくバタバタだった。こども達の入ってく...

  1. 最後

    2013/08/12

    わたしは薄々気づいていた。森田さんがあやの事嫌っていること...

  2. とりあえずわたしは玄関をあけた。忘れ物…何かしたかな?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 正解かわからない子連れへの対応
  2. 子を車内に置いて何処まで行くか
  3. 子に苛々をぶつけてしまい嫌気

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3