私の人生のポツリ

シャロン☆からアリエルに改名しました。 昼ドラのようなホントの話を綴っていきます。

  • 記事数 84
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 12

2013/07/27 21:43:24

  • 1
  • 0

部屋もめちゃくちゃにされ、私は泣きながら片づけた。

次の日一言くらい何かあるかと思っていたが、父は普通に部屋で寝ていた。
もちろん、仕事せずに。

私は呆れた。

“愛情の反対は憎悪ではなく、無関心だ”という言葉を思い出した。
私…言えばわかってくれる。家族だからと思ってたんだなと気づいた。
気持ち悪。期待するなんて…バカバカしい。とフッと笑けた。

その日から、父に働くことや母に優しくすることを期待するのはやめようと思った。
私は父が何を言っても、この日から無視するようになった。
お父さんと呼ばず、おっさんと言うようになった。


ただ、少し若かったんだな。
何度か私はこんなケンカを初めてしまい、その度に部屋や店がめちゃくちゃになった。

私は疲れていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私の幼い頃を振り返ると、父の愛用していた文房具がそこに現れる...

  2. それからの父は祖父母の仕事を手伝うようになった。父方の祖...

  1. どこに?

    2017/03/02

    太郎さんが絡むとなんかややこしいことになりそうで適当に相...

  2. 2015/09/14

    なおやさんもりさのお腹に手をあてた「お父さん…僕は…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3