私の人生のポツリ

シャロン☆からアリエルに改名しました。 昼ドラのようなホントの話を綴っていきます。

  • 記事数 84
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 19

2013/07/27 21:43:24

  • 1
  • 0

部屋もめちゃくちゃにされ、私は泣きながら片づけた。

次の日一言くらい何かあるかと思っていたが、父は普通に部屋で寝ていた。
もちろん、仕事せずに。

私は呆れた。

“愛情の反対は憎悪ではなく、無関心だ”という言葉を思い出した。
私…言えばわかってくれる。家族だからと思ってたんだなと気づいた。
気持ち悪。期待するなんて…バカバカしい。とフッと笑けた。

その日から、父に働くことや母に優しくすることを期待するのはやめようと思った。
私は父が何を言っても、この日から無視するようになった。
お父さんと呼ばず、おっさんと言うようになった。


ただ、少し若かったんだな。
何度か私はこんなケンカを初めてしまい、その度に部屋や店がめちゃくちゃになった。

私は疲れていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 父は 享年72歳あまりにも 早い生涯だった救急車で運ば...

  2. しつけ

    2014/07/10

    次の日の夜、父とお風呂に入ると今日はお父さんの部屋で皆一...

  1. 保育園最後の年の頃から、崩れた。口喧嘩を父と母が頻繁にす...

  2. 父の悪い癖は変わらず借金は増え続け返しても返しても新...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3