夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2683
  • 昨日のアクセス数 83

真夜中の訪問客⑻

しおりをはさむ

2013/07/27 22:59:47

  • 46
  • 0

嶋田さんはわたしの胸を揉み、
乳首を舐め回した。

そして、時々吸われ、
いわゆる性感帯の乳首を攻撃されたわたしは
我慢出来ず喘ぎ続けた。





久しぶりの行為に体が痙攣するほど、
わたしは感じてしまった。

あそこに嶋田さんの手が伸びる。
わたしはその手を掴んだ。
わたし
「今日生理なんです。」


嶋田さん
「じゃあ立って。」




わたしは何で立つのか不思議に思いながら、
立つと、そのままパンツを脱がされ、
あそこに指を入れられた。

濡れているのを確認すると、
嶋田さんはそのまま自分のモノを挿入し始めた。



生だった。
初めて生で挿入されたことに驚いていた。

嶋田さん
「生理中なら生でもいいでしょ。

こころちゃん締め付けが強くて気持ちいいよ。」




わたしはそのまま彼に体を委ねた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 彼「お前の胸、俺本当に好き。ずっと触れたかった。」...

  2. わたし「…そっちは、だめ。 …お願い、。」...

  1. 彼は部活着のTシャツの中に手をいれわたしの胸を触りだした。...

  2. 少しは慣れてきたかな、自分から、彼のジュニアに触って...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 妊婦に席を譲ったらBBAが邪魔
  2. 交通法違反する子持ちに腹が立つ
  3. 大を「はる」と読むのはDQNか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3