夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2685
  • 昨日のアクセス数 364

真夜中の訪問客⑺

しおりをはさむ

2013/07/27 15:52:35

  • 50
  • 0

わたし
「わたし次第ってどういうことですか?」


嶋田さんはわたしが掴んでいた手を
逆に掴み返し、
そのままわたしの両手を拘束した。



嶋田さん
「俺の言うこと聞いて。


俺はこころちゃんの事が気になったから、
あやちゃんのお姉ちゃんと別れた。
こころちゃんの心が大嶋にあるならそれでいい。


だけど、あやちゃんのこと
傷付けたくないなら、
俺の言うとおりにして。」




そう言うと、
嶋田さんはまたキスをした。

キスをしながらわたしの洋服に手を入れ、
ブラの中に指を入れた。


こんなことしちゃダメだ…と心の中では
思っていたけれど、体は感じ始めていた。




…ぁあ、ん。

その声を聞くと嶋田さんの手は
さらに激しくわたしの体を愛撫し始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. しかし彼は鍛えた体でびくともせず、わたしを抱きしめた。...

  1. 嶋田さんはびっくりした表情を浮かべた。嶋田さん「…それ...

  2. わたしは女でいていい わたしはメスでいていいわたしは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 「お局の新人女子イジメ」に疑問
  2. 子供に生きてて楽しいか聞かれた
  3. 元夫とやり直して同居始まったが

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3