夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2691
  • 昨日のアクセス数 23

真夜中の訪問客⑺

しおりをはさむ

2013/07/27 15:52:35

  • 50
  • 0

わたし
「わたし次第ってどういうことですか?」


嶋田さんはわたしが掴んでいた手を
逆に掴み返し、
そのままわたしの両手を拘束した。



嶋田さん
「俺の言うこと聞いて。


俺はこころちゃんの事が気になったから、
あやちゃんのお姉ちゃんと別れた。
こころちゃんの心が大嶋にあるならそれでいい。


だけど、あやちゃんのこと
傷付けたくないなら、
俺の言うとおりにして。」




そう言うと、
嶋田さんはまたキスをした。

キスをしながらわたしの洋服に手を入れ、
ブラの中に指を入れた。


こんなことしちゃダメだ…と心の中では
思っていたけれど、体は感じ始めていた。




…ぁあ、ん。

その声を聞くと嶋田さんの手は
さらに激しくわたしの体を愛撫し始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 入社3ヶ月で妊娠退職され迷惑
  2. 未婚に祝ってほしい新婚女性
  3. 夫のボーナス三桁って当たり前

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3