夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2683
  • 昨日のアクセス数 89

真夜中の訪問客⑷

しおりをはさむ

2013/07/27 00:28:20

  • 42
  • 0

嶋田さん
「だからさ…

あやちゃんはお姉ちゃんと俺の事、
応援してくれていたし。




俺のことが好きなんて簡単には
信じられなくてね。」





わたし
「そうだったんですね…

でも同じ人を好きになっちゃうこともありますよ。友達だって、姉妹だって。


だめなことですかね?」




しばらく沈黙が流れたー

時刻は午前3時過ぎ。
正直少し眠かった。



このまま沈黙が続くと寝てしまいそうだった。




その時ソファに座っていた嶋田さんが
急に立ち上がった。

嶋田さんは、ベッドに座っていたわたしの横に座り、不意にキスをした。



わたし
「ち、ちょっと…」
わたしはびっくりして彼を突き放した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたしが絶頂に達しそうになったところで彼は突然動きを止めた。...

  2. しかし彼は鍛えた体でびくともせず、わたしを抱きしめた。...

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 交通法違反する子持ちに腹が立つ
  2. 夫の不倫相手が慰謝料支払い拒否
  3. 「放置親」の必須アイテムは

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3