夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2680
  • 昨日のアクセス数 300

真夜中の訪問客⑶

しおりをはさむ

2013/07/26 18:14:04

  • 51
  • 0

嶋田さんはびっくりした表情を浮かべた。

嶋田さん
「…それって、

あやちゃんは俺に好意を持ってくれてるってことなのかな?」




わたし
「はい。」


嶋田さん
「何でだろう…

そんなはずはないのに。」




わたし
「そんなはずはないって…

どういう事ですか?」





嶋田さん
「実はさ…

俺が数ヶ月前まで付き合ってた彼女、
見た事あるよね?





あれ、
あやちゃんのお姉ちゃん。」


わたしは、びっくりして言葉が出てこなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたし「わたし次第ってどういうことですか?」嶋田さん...

  2. とりあえずわたしは玄関をあけた。忘れ物…何かしたかな?...

  1. その涙に気づいたのか、嶋田さんはキスをやめた。嶋田...

  2. 黙り込むわたしを見て,嶋田さんがフォローをいれた。嶋田...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/23 編集部Pick up!!

  1. モヤシがお助け食材でない値段に
  2. 結婚したらまず話し合うべきこと
  3. 彼が鬱病患っていたと知り心配

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3