愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 128
  • 昨日のアクセス数 46

2013/07/24 13:23:02

  • 1
  • 0

週末、

絶対メールないのに

メールが来ると

「速水さん!?」

なんて期待してしまう。


夜、

布団の中で

先週のセックスを思い出す。

ディープキスされながら、奥まで突かれて

堪らずいってしまったこと。

何度も、何度も、潮を吹かされたこと。

思い出すだけで、指の先までドクンっと興奮する。



彼の舌が、私のクリトリスを舐める。吸う。

思い出して、自分の指で触る。

気持ちいい…

気持ちいいけど…。



ダンナとレスになってから数年。

オナニーは、たまにしていた。

もともと、中でイッたことがなかったので

クリトリスのオナニーに不満はなく。

ダンナはレスになる前から、クンニなんか絶対してくれなかったので

むしろ、自分の方が感じた。


でも

速水さんとのセックスを知ってしまうと

自分の指なんて

全然、物足りない。

むしろ

もっと、もっと

彼を求めてしまう。




同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 一緒にイク。そんなことできたらそれはそれは素晴ら...

  2. ダンナさんとのセックス。日曜日の朝、朝勃ちしたダンナさん...

  1. 私にとって、彼とエッチすることは。気持ちいいとか、エロス...

  2. 皆さん、どんな方法でオナニーしますか?色んな方法や癖があ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 義妹の連れ子には感謝しかない
  2. 男の子の髪を長く伸ばす理由は
  3. TV撮影参加に嫌み言ってきた先輩

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3