愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 8

2013/07/23 10:41:10

  • 1
  • 0

速水さんが、

固くなった自分のものをズボンから出した。

亀頭を舐める。

ワレメに舌を這わす。

「あぁっ…」

思わず声を出した速水さんを見上げ

「声は、出したらダメだよ。」

と言い返して、ニヤッと笑う。

もっと意地悪をして焦らしたいが、

時間もないので、早々に口に含む。

いきなり喉の奥まで一気に挿れてみる。

「…くっ。」

たまらず、速水さんが私の頭を押さえた。

私は、頭を前後に動かす。

強く、優しく、吸いながら。

速水さんのは、長いので

どんなに頑張っても根元までは含めない。

なので、手を使い、口の動きと合わせて刺激する。

「いいよ。すごい、気持ちいい…。」

私は、動きを早める。

速水さんのアレは、どんどん硬さを増す。

私は、感じてくれているのが嬉しくて

舌を絡めながら前後に動かす。

速水さんが私の頭を押さえている手に力が入る。

「…んっ…イクよ…」

私は、返事の代わりにさらに動きを早めた。

「…あっ!ああっ」

掠れた声をあげて、私の口に熱いものが広がった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 奨学金利用したら親として失格か
  2. 交際7年 結婚したいと思っていた
  3. 義母からのLINEが気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3