愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 125
  • 昨日のアクセス数 5

2013/07/22 13:29:57

  • 2
  • 0

私の部署に、

彼がくる事はまずない。

私が、彼の部署に行くことは

たまにある。

私は、行きたいような行きたくないような

くすぐったい気持ちで過ごしていた。

まぁ、特に用事は出来ず(笑)

ホッしたような、残念なような。



1階のコンビニにジュースを買いに行く。

エレベーターホールに戻ると

ちょうど外出から戻った速水さんが。

予期していなかったので、かなり同様。

「おっ、おつかれさま、です。」

目をみられない。

顔が紅潮する。

「おつかれ。」

言いながら速水さんは、私の腕を掴むと

ひと気のない、来客用トイレに連れて行く。

驚いて、なすがままの私に

キスをしながら、ドアの鍵を締めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. いつもの飲み会。三次会のカラオケ。私がトイレに行くと...

  2. 数日前の、ある出来事で気づいたことがある。弟の友人が午前...

  1. 月末の花の買い物まぁ、ウトの仏壇の花なんだけどねそれ...

  2. ある週末の話一緒に映画行きたいって思ったけど、ゴロゴ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3