愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 128
  • 昨日のアクセス数 35

2013/07/22 13:29:57

  • 2
  • 0

私の部署に、

彼がくる事はまずない。

私が、彼の部署に行くことは

たまにある。

私は、行きたいような行きたくないような

くすぐったい気持ちで過ごしていた。

まぁ、特に用事は出来ず(笑)

ホッしたような、残念なような。



1階のコンビニにジュースを買いに行く。

エレベーターホールに戻ると

ちょうど外出から戻った速水さんが。

予期していなかったので、かなり同様。

「おっ、おつかれさま、です。」

目をみられない。

顔が紅潮する。

「おつかれ。」

言いながら速水さんは、私の腕を掴むと

ひと気のない、来客用トイレに連れて行く。

驚いて、なすがままの私に

キスをしながら、ドアの鍵を締めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. デパートにて。エレベーターに私と彼だけ乗り、扉が閉まった。...

  2. 彼にキスをされ彼の優しい笑顔を見て閉まるドアを見て...

  1. エレベーターホールの前でおやすみ、って別れようとした。「...

  2. 数日後、部署全員で早朝から行なう業務が終わるとリサーチに出る...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/26 編集部Pick up!!

  1. 友人の不倫辞めさせたが再び不倫
  2. 出会い系が原因で彼と別れた
  3. 夫が「親権くれたら離婚する」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3