期間限定の愛人 完結編

服役囚を待つ女の、はかないひと時のラブアフェア…。 貴方は 期限付きの私の愛人…。

  • 記事数 240
  • 読者 150
  • 昨日のアクセス数 37

マキの過去…そして欲望 1⃣

しおりをはさむ

2013/07/22 10:15:15

  • 2
  • 0

ルリのフィッシングを知らず、普段通りのマキは、この日 ホテルに入ると ひとしきり 好きな野球話をして 饒舌であった。



いつ 、kaorinの正体をバラすべきか?
ルリは、慎重にマキの様子を伺う、


「 mixiのコミュは、貴方みたいな 野球狂ばかり集まってるの?(笑)」


まずは 知らんぷりをして、ルリはマキに問いかけてみる。


「 まあ、コミュは マニアの集まりだからね。
でも、それだけだよ。 mixiは たいした事ない。
ブログはAmebaの方が ずっと充実してるな。
まあ、俺はもともと 文章を書くのは 得意じゃないからね。
貴女には とても敵いませんよ(笑)」


相変わらず、マキの皮肉は手厳しい。


だが 、ルリも 負けずに 皮肉を言ってみる。


「 いいわね、マキさん。 mixiで いっぱい 仲良しができたんじゃないの?
… で、 イイ女でも 見つけた?」


「 あはは…、だからそんな気は無いって 言っただろう? 貴女で 精一杯ですよ、俺は…!」


…と言う 言葉が終わらないうちに、マキは ぶ厚い舌で、ルリの唇を 無理矢理ふさいだ。


( ウソツキ…! 
ああ…でも、私の方がもっとウソツキ女だ。
結局、マキの浮気心を承知で、知らん顔をして抱かれに来た…。)


慣れた手つきで、マキは ルリの薄い夏のチュニックを剥ぎ取り クロップドパンツを無理矢理引き下ろしにかかる。


Tバックの隙間から、ルリの股間に指を差し込むと、

「 おっ! 随分 伸びてるじゃん。 シバフ…。」


と、マキは楽しげに囁いた。


この男は 無邪気だ。
自由奔放で、この歳になっても セックスに対する 限りない欲望を失っていない。


もしも、目的がセックスだけならば、マキは、 誰よりも理想的な愛人なのだろう。


だが、その愛人を ルリは今日で 断ち切ろうとしている。


いや、断ち切らねば、もう前へは進めないのだ。


「 マキさん…、ねえ 舐めさせて。
今日は 貴方のを 飲みたいの…。」


ルリは、マキの胸に顔を埋めながら、そう 懇願していた。


すると マキは、無邪気な笑みをたたえ、ルリを見つめた。


「 …いいよ。舐めて、 ルリ…。」



ラブソファーに深く座るマキの股間に、ひざまづくと、ルリは 黒いボクサーパンツを下ろし、爪を立てぬよう 丁寧に それを引き出した。


ルリの好きな 美しい造形の 長い男根が、跳ねるようなイキの良さで 脈打っている。


先端の スベスベとした鈴口の下には、見慣れた小さな黒子が ぽつんと一つ、愛らしく 覗いている。


「 マキさん… 貴方の ココは、本当にキレイ…。」


ルリは、柔らかく両掌に包みながら、 男根をそっと 口に含んだ。


硬く力強い 肉の弾力が、ルリの舌に当たって 跳ね返る。


カリの部分から 裏筋に沿って、時には 優しく舐めあげ、時には 強く吸い、ルリは 愛情を込めて 、マキのものを 愛撫し続けた。


( こんなにも 愛しい…。
マキは、狂おしいほど 私を 夢中にさせたのだ。)


次第に荒くなる マキの息使いが、ルリの頬を さらに火照らせ、唾液と マキの先走りで 、滑らかに男根はしごかれ 絶頂へと駆け上る。


「 ああ…、ルリ 逝きそうだ…!
いいの…? 口で…、受けてくれる?」


マキは 耐えきれないように、ルリの頭に片手を添え、もう片手で 乳房を 痛いほど強く掴んだ。


「 いいの…。貴方のを 飲んでおきたいのよ…。」


「 逝くよ、ルリ…いいかい?…ああぁっ…!」


発射するその瞬間、マキは激しく痙攣し、ルリの髪をかき乱して強く揺さぶった。


押し出されるように、ほとばしるマキの精液は、涙と涎で溢れるルリの口中で、栗の花の匂いと共に ほろ苦く広がっていく。


その懐かしく甘酸っぱいフェラの感覚は、愛するシマを失ってから、常にルリが求めていた 荘厳な儀式のようなものであった。


ルリは、口の中に押し出されたマキの欲望を味わうように 静かに飲み込んだ。


そして、未だ 余韻を持ってビクビクと震えるマキの男根を、小動物を愛でるかのように、ルリはそっと口で吸い キレイに舐め取っていた。


ソファの背にもたれ、上を向いたまま 快楽の余韻を引き摺るマキの表情は、スポーツ後の少年のようにあどけない。


(他のどんな女よりも深く、きっと 私はマキを愛した…。でも、これが最後…。)


男根の小さな黒子を、気だるい瞳で見つめながら、ルリは心の中で そう呟いていた。




次話へ続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マキの 自己中心的でサディステイックな性質は、元々 M体質...

  2. ルリが、マキと初めて一夜を過ごした あのクリスマスイルミ...

  1. マキの突然の告白は、明らかに ルリの想定外であった。...

  2. ラブホテルのベッドに 設置された、タッチパネルのデジタル時...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 職場全員がドン引きした同僚妊婦
  2. 夫の元カノからSNSにコメント
  3. 入院中 夫に子を預けるのが不安

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3