期間限定の愛人 完結編

服役囚を待つ女の、はかないひと時のラブアフェア…。 貴方は 期限付きの私の愛人…。

  • 記事数 240
  • 読者 150
  • 昨日のアクセス数 29

ドM女の迷走 2⃣

しおりをはさむ

2013/07/21 14:51:15

  • 0
  • 0


「クレイジー」こと マキの、kaorinに対する フィッシングは、最終段階にさしかかっていた。


マキのように ネット恋愛に慣れた男は、確実に出会える女かどうかの 見極め時を、熟知している。


無駄に ダルいメール交換ばかり続けていても、実際に 女を誘い出せる確率は極めて低い事を知っているマキは、きっと kaorinが 本当に クレイジーと会う気があるのかどうかを、試しに かかっているのだ。


「 kaorinとは、写真もアドレスも交換したし、俺たち2人は 間違いなく趣味も合う…。
既婚者のくせに 偉そうなことは言えないけど、俺はきっと色んな意味で君の パートナーに なってあげられるよ。
kaorin、そろそろ 声が聞きたいな。
俺の携帯番号は 090 ××××××××、非通知でかまわないから、一度電話を架けて欲しい。
待ってるから!
7月○日 2人のYahooドーム観戦は、決して俺 あきらめてないからね!
もし君が来てくれなくても、俺は寂しく独りで鷹を応援するつもりだよ♪(^_-)☆」


その夜、クレイジーはkaorinに、そうメールを送って来ていた。


(…ふーん、そう…。ここで kaorinが 「会いに行くわ!」と 言えば、私との約束はキャンセルするつもりなのね、マキさん。
それにしても、最後の文句は 私を初めて誘い出した時と 同じフレーズね(笑))



マキの決めゼリフはこういうことか…と、ルリは 改めて、 緻密に計算された 女を口説き落とす、マキのメールテクニックに 感服する。


ルリが、初めてマキと対面する前に、


「 ルリさんが 会いに来てくれても くれなくても、俺は そっちへ行く。
一人寂しく ドライブしながら 紅葉でも見て帰りますよ…。」


と 書いて来た、昨年ルリが遂にほだされた、マキのあのメールが よみがえる。



しかし、どうしたものか…?


実質、さすがに 替え玉でも用意しない限り、電話までは誤魔化しようがない。


kaorinで 如何に焦らし、メールだけで引き付けようとしても、この男は 実際食えない女に、無駄なエネルギーは使わないだろう。



マキの 貪欲な女に対する執着と、あの 冷めきったサディスティックな思考…。


マキは、女の愛し方が わからないのではないか?…と、ルリは考える。


ひょっとして、過去に女から よほど酷い 裏切り行為でも受けたのか?


それとも 単に 自分中心なだけの、リアルエゴイストなのか…?


それにしたって、もう少しこのメールの駆け引きを引っ張り、まだ kaorinのままで マキの本音を探りたい。


出会いのタイミングをどうにかして引き延ばし、会えるかも?…という期待をチラチラ見せながら、個人的セックス相談などを メールエッチ感覚で 誘ってみれば、案外 マキは 暇潰しに 乗ってくるかもしれない。


現にルリは、最初の頃 マキと 深夜に SMプレイの様な妖しいメールエッチを していた時期があった。


男はなぜ こんなもので 興奮するのか?と、ルリには 今一つ理解不能だった。


だが、ルリが送る わざと刺激的で 卑猥な言葉を満載した激エロメールを、マキは結構喜び、「 我慢出来なくなった!」と 言っては興奮し、 危険な電話を 真夜中にイキナリ架けてくるような大胆な部分も、彼にはあったのだ。


ルリは、用心深く 言葉を選びながら、返信メールを 打ち始めた。


「 クレイジーさん♪ 私も 本当は すごくあなたの声が ききたいの♡♡♡
写真をもらってから、ますます あなたのことが 気になって…
写真のあなたの顔を 思い浮かべながら、わたし 昨日は 1人エチして しまいました♪
どんな感じ なのかな?あなたの声、あなたの身体…
クレイジーさんに 抱かれたら、わたし また 昔みたいに、すごくエッチな女に 逆戻りするかもしれない。
離婚して、その次に 不倫して、また別れて、やっと卒業したと思ってたのに…
どうしよう??
もう 辛い恋はしたくないと、思ってたのに…
クレイジーさんは、優しすぎるの…♡♡♡」



ルリは、ルリ的には絶対にありえない、 このあざとくこっ恥ずかしいフィッシングメールを、 思い切って返信した。


これもまた、もうひとりのルリ 「kaorin」の、痛いキャラなのである。


もうこうなれば、ルリには 恥も外聞も 無い。


全ては、はかない期間限定の愛人 マキへと向けられた、中年女の情けない恋心のなせる業である。


…こうして、あさましい女 ルリの 惨めな 「三文芝居」は、もはや終演へと一直線に加速するのであった。



以下 次号

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 床暖房を設置 光熱費にビビる
  2. 入社3ヶ月で妊娠退職され迷惑
  3. 週2日 子を預けてリフレッシュ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3