愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 125
  • 昨日のアクセス数 12

2013/07/19 23:15:48

  • 3
  • 0

帰りの電車。

私は、

とにかく浮かれていた。

顔がにやけてしまう。

速水さんと結ばれたのが嬉しい

とか

全くそんな感情ではなく

セックスが出来て、

快楽を得れたことが

単純に嬉しかった。

あと、

男性に自分が求められたこと。

むしろ、その喜びが一番だったのかもしれない。


実は

この時の私は

フリーで働くための準備をしていた。

美容関連の仕事をするつもりだったので

あまりにも、自分が美しくないというのは説得力がなさすぎだなと思い

独身だった頃の自分に戻るために

ダイエットはもちろん

ママ特有のペタンコ靴を封印。

マツエクに、美容院

パックも欠かさずして、服装も男受けを意識。



自分磨きに力を入れ始めた矢先のことだったので

「なんだ、私、まだまだいけるんじゃん?」

という気分だった。

とにかく

全てにおいて

「女」である事を認識した。

そして

「女」でいたい。

と思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 男性にとって、ナンパ男の笑い者のセリフである一方、モテ男の...

  2. 「若い頃、ナンパしまくってヤリまくった」という男。「セ...

  1. ■ 運命の媚薬 ■ 男があなたにハマってヤミつきになる!...

  2. 性欲男

    2015/03/06

    草食男子なんてのが流行ってるけど、私はセックスしたくない時期...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/29 編集部Pick up!!

  1. 日本語が理解できない相手に苛々
  2. 若い男性が妊婦に「腹蹴るぞ」
  3. 育休から復職したらイジメ受ける

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3