愛の迷子

お金のために、風俗嬢になるしかなかった私の今。

  • 記事数 83
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 9

火曜日10

しおりをはさむ

2013/07/19 14:28:37

  • 0
  • 0

速水さんは

ベッドに腰かけて、タバコに火をつける。

私は、その背中にキスをした。


「…気持ちいい…

美歩、すごい感じてたよ。

本当に何年もセックスしてないの?」


「うん。

信じてもらえないだろうけど、本当に。

こんなに感じるなんて、自分でもビックリだよ。」


「そっか。

なんか、それが、俺でごめんな。」

速水さんは煙を吐きながら目を伏せた。

「なんで?

だって、うちの旦那さんEDなんだよ。

やれないんだよ。本人に治す気もないし。

だから、あやまらないでよ。

私、こんな事がなかったら、もう一生なかったんだよ。

それでもいいと自分を納得させてたけど、今は正直、自分がまだ女だったことを感じられて

すごい嬉しい。ありがとう。」


私が言うと

「こっちこそ、ありがとうだよ。」

と速水さんは言って、キスをした。

そのまま、

私たちは、

また身体を重ねた。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性
  2. いきなりキスされイケメン不信に
  3. 愛が一気に冷めた「夫の発言」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3