期間限定の愛人 完結編

服役囚を待つ女の、はかないひと時のラブアフェア…。 貴方は 期限付きの私の愛人…。

  • 記事数 240
  • 読者 151
  • 昨日のアクセス数 109

ケダモノの儀式 1⃣

しおりをはさむ

2013/07/18 11:53:14

  • 2
  • 0


この頃のルリの気持ちは、まるで少女の様に純粋に、マキへ向けられていたと言って良いだろう…。


ワルな男に引っ掛かる…とは、こう言う状態を言うのかもしれない。



二人で居る時のマキは、電話よりも ずっと寡黙だ。



他愛なく喋るルリの様子を 笑いながら観察し、時々 「ふーん。」とか「へえ?」などと 合いの手を入れるくらいだ。




そして いつの間にか、ルリの身体を捕らえ 強引に黙らせる。



マキには、恥じらいや 慎みなどというものは 通用しない。



男女のセックスに於いて、マキは完璧に イニシアチブを獲る男であった。



この頃、マキと過ごすラブホテルでの時間は、ルリにとって 酷く屈辱的だったと言えるかもしれない。



「 恋心の告白」から、初めて逢瀬の この日、マキは、とうとう ルリに一つの提案を突きつけた。



「 貴女には今、他に男は居ないんだよね?
本当に 俺だけ…?」



ホテルのバスタブで 互いに 向き合って湯に浸たりながら、マキは そう ルリに尋ねた。



「 当たり前じゃない!
私みたいなややこしい女、他に誰が 相手をしてくれるって言うのよ?(笑)
こんな状況で 貴方以外の男なんて、作れる訳がないわ。」



すると マキは、いつもの サディスティックな笑みを浮かべながら素早く身体を入れ替え、本来ルリが一番好きな 体制で、女の腰を後ろから深く抱き寄せた。



ルリの身体は 、湯槽の中で 難なく マキの膝に抱えられ、彼は 小さな子供を抱き 話しかける父親の様に、ルリの耳元で 妖しく囁き始める。



「 剃ってあげる…。
ボスが帰るまで、まだ十分時間はあるだろう?
俺の為に…、俺だけの為に、ココをツルツルにしておいてくれないか?」



そう 言いながら、マキは 長い指を ルリの敏感な部分にそっと潜らせた。



「 ひっ……あ…!」


ルリは 思わず すっとんきょうな声を上げる。



「 えっ…! でも マキさん、私 サウナへ行けなくなっちゃう…。」



そんな理由か?!…と、ルリは自分で自分にツッコミ、情けなく思ったが、マキの指は 女の意思に関係なく、サワサワとうごめき始める。



「 いいじゃん…。 ボスにも やられていたんだろう?
剃らせてくれよ。 貴女を独占しておきたいんだ…。」



マキの唇は、まとめ髪のうなじから 右の耳へと 滑らかにすべり、厚い舌が ルリの耳の粘膜を犯すように、卑猥に舐めまわした。



「 だって…やだ…、生え揃うまで時間がかかるのよ。
それに 剃るとチクチクして痒いんだから。」



確かに ルリは以前、シマに命じられて むりやり陰毛を剃られたことがあると、フザけてマキに話していた。



当時 シマの独占欲はハンパなく、浮気など絶対にありえない環境に置かれたルリを、強制的にツルツル状態したことがあった。



慣れている…と言えばそれまでなのだが、マキの囁きが、シマの時とは また違った意味の妖しい響きで、ルリの官能を刺激する。



「 ダメだよ…。
これは 貴女が俺のことを散々ブログに書いたことに対する お仕置きだ。
…それとも、また 次も書いちまう?(笑)」 


「 …………!」



マキの中の残酷なS性から、ルリはもはや 逃げ切ることが出来ない。



( 私はマキに惚れている…。
このどうしようもない冷酷な男が、今の私には必要なのだ…。)



引き摺られる様にバスタブを出たルリを、マキは プレイ用の広いバスマットに、全裸開脚の姿勢で座らせた。



「 じっとして…、腰を浮かせて。 
ダメだよ、動いちゃ!
俺がルリを 小さな女の子のアソコみたいに、キレイにしてあげるから(笑)」



ルリの陰部に、T字の剃刀を器用に当てるマキの表情は、まるでイタズラに夢中になる少年のように輝いている。



ジッジッ…という ルリの陰毛が剃り落とされる音が、オルゴールが流れるラブホテルのバスルームに、不似合いに響く…。


( なぜ男は、こうも女のアソコに執着するのだろうか…?
シマもマキも 私の心など置き去りのまま、こうして女のアソコを中心に、ぐるぐると回る飢えた獣(ケダモノ)のようだ。)


…と、ルリは思った。
  
  
やがて 幼い少女の様に綺麗に剃毛されたルリの女陰は、満を持してマキの男根に凌駕されるのだ…。


熱いシャワーですべての覆いを洗い流した後、バスマットの上で 2人はそのまま激しく抱き合った。


傲慢な欲望に満たされた ルリとマキの儀式は、それから先も逢う度に繰り返され、この関係は まだしばらくの間 続くことになるのだった。


以下 次号

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ……春になった…でも まだ 寒い筈だ...

  2. 「ハヅキ...ここ座って」床に跪いていた私の身体をおこし...

  1. 薄毛の奥の隠しきれない塊を虐めて欲しいなどとは言い出せなく...

  2. 枕を共にした夜君は枕を気にしてる乱れ髪を整え髪を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. プライドが高い夫の対応に困る
  2. 結婚に対し後悔ばかりの既婚者達
  3. 経済力なく産むのは社会の迷惑

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3