夏限定の先生たち

大学生の頃,夏の水泳教室での実話。肉体関係のリアル。

  • 記事数 123
  • 読者 2691
  • 昨日のアクセス数 41

決起会⑵

しおりをはさむ

2013/07/19 01:49:06

  • 29
  • 0

しばらく経つと、
席替えしようと促された。


正直人見知りなわたしは、
あやとは離れたくなかったが席数の関係で
離ればなれになった。





わたしが着いたのは、
先ほど車で一緒だった石阪さんと同じ席。

あやが着いたのは、
嶋田さんと同じ席だった。


わたしはホッとした。
心の中であや、頑張れ、と思っていた。





次の席で一緒になったのは、
30代前半の野口さんと栗田さん
2人とも水泳教室で先生をしている。

それと高校生の男の子、
碓氷くんと小林くんだった。
2人は夏休みの間だけアルバイトしているらしい。

高校生の2人には大学生活のことを
色々と聞かれた。
彼らにとって親元を離れての1人暮らしは
憧れで、大学受験を考えているらしい。


碓氷くん
「こころさんって、

高校生の時彼氏とかどれくらいいました?」


いかにも高校生らしい質問。
わたしは笑いながら答えた。

わたし
「えっと…

4人かな。」



碓氷くん
「じゃあ…

キスフレとかいました?」



ん…キスフレ?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 帰りの車の中,あやが重い口を開いた。あや「なんで嶋...

  2. はじまり

    2014/09/05

    彼と出会ったのは、大学2年の春それまでのわたしは、イ...

  1. 悪い予感

    2013/08/14

    プールサイドの掃除を終え、あやとコーチ室に戻った。す...

  2. わたし「でもさ、毎日同じ空間にいるわけだし、チャンスは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. スーパーのカート押して帰る女性
  2. 「結婚を決めたキッカケ」は
  3. 結婚に反対の彼母がノイローゼに

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3